現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > オフロードモード搭載のVW『パサート・オールトラック』登場。『トゥーラン』特別仕様車も

ここから本文です
スポーツ 2018.11.12

オフロードモード搭載のVW『パサート・オールトラック』登場。『トゥーラン』特別仕様車も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現行で8代目となり、先だってディーゼルモデルのTDIも導入された『フォルクスワーゲン・パサート』に、ラインナップ初のAWDともなる新型モデル『フォルクスワーゲン・パサート オールトラック(Alltrack)』が登場。10月31日から発売が開始されている。

 セダンモデルとワゴンボディの“ヴァリアント”のうち、先代までと同様に優れた積載性や機能性を持ち合わせる『パサート・ヴァリアント』をベースに設定されるオールトラックは、長距離走行に適した最新の2リッターTDIディーゼル(190PS/400Nm)と4輪駆動機構の4MOTIONと6速DSGを組み合わせ、ラフロードにも対応するオールラウンドな走行性能を持ちながら、ディーゼルならではの環境性能と優れた燃費・経済性を兼ね備えたモデルとなっている。

    さよならVWビートル第4弾。人気装備満載の特別仕様車“マイスター”シリーズ登場

 ベースモデルより車高を30mm持ち上げたエクステリアは、専用バンパーやホイールエクステンション、サイドシルが力強い印象を演出。

 その見た目のみならず、専用のオフロードモードによりラフロード走行に最適な制御が行えることに加え、路面状況に応じた前後トルク配分を行う4MOTIONテクノロジーにより、どのようなロードコンディションにおいてもドライバーに安心感のある安定した走りが提供される。

 この専用オフロードモードでは制動距離をより短くするため、ABSのホイールロック・インターバルが制御されるほか、ラフロードなど低速域における細かなアクセルワークを可能とするためアクセルペダルの反応特性を変更。さらに時速30km/h以下で急な下り坂に差し掛かると、車速が一定になるよう4輪全てでブレーキを自動制御する“ヒルディセントアシスト”などの機能が含まれている。

 またインテリアは専用シートやアルミ調ペダルクラスターを採用し、『パサート・ヴァリアント』ゆずりの上質な室内空間が広がるほか、渋滞時追従支援システムの"トラフィックアシスト"、駐車支援の"パークアシスト"、液晶デジタルメーターの“アクティブインフォディスプレイ”など先進機能も備えている。

 この『フォルクスワーゲン・パサート オールトラック』には、ベースグレードと豪華装備のアドバンス(Advance)の2グレードが設定され、アドバンスにはオプションで電動パノラマスライディングルーフも用意。ボディカラーは有償色を含む全6色となり、価格は509万9000~569万9000円となっている。

 また、2018年10月にTDIモデルが追加されたばかりの7人乗りコンパクトミニバン『フォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーラン』にも特別仕様車が登場。

 この『フォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーランTDIプレミアム』には人気オプションの純正インフォテインメント“Discover Pro”や駐車支援、パワーテールゲートなどを含むテクノロジーパッケージ、さらに初採用のストームグレー・レザーシートや電動パノラマスライディングルーフが標準装備となり、価格は459万9000円の設定。こちらは300台限定で10月30日より発売となっている。
フォルクスワーゲン カスタマーセンター:0120-993-199 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します