現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > これが絶対王者の力。セバスチャン・ローブ、5年半ぶりWRC優勝。通算79勝目|WRCラリー・カタルニア

ここから本文です
スポーツ 2018.10.28

これが絶対王者の力。セバスチャン・ローブ、5年半ぶりWRC優勝。通算79勝目|WRCラリー・カタルニア

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WRC(世界ラリー選手権)第12戦ラリー・カタルーニャが行われ、スポット参戦の絶対王者セバスチャン・ローブ(シトロエン)が5年半ぶりの優勝を果たした。

 ラリー序盤、大きなリードを築いていたのはトヨタのオット・タナクだった。しかしSS10でまさかのパンクにより後退。代わって首位に立ったのはヒュンダイのダニ・ソルドだった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 ただソルドのリードは1ステージ限り。すぐにヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ)が首位に立ち、デイ2をそのままの順位で終える。

 しかし最終日最初のステージであるSS15で首位に浮上したのが、シトロエンから参戦のセバスチャン・ローブ。ローブは続くSS16でもトップタイムを記録する速さを見せ、リードを広げていく。また2番手に落ちたラトバラは、SS17で痛恨のミス。タイヤにダメージを負い、6番手まで後退することとなる。

 最終SS18では、タイトルを目指すタナクが、まずは最速タイムを記録。ボーナスポイント獲得にかける。そしてチームメイトのラトバラは、タナクにポジションを譲るべくスローダウンする。チームオーダー発令である。

 タナクのタイトル争いでのライバルであるティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)は、3番手で最終SSをスタート。しかし、コース上に出ていた石によって右リヤホイールを損傷し、総合順位でもミッチ・エバンス(M-スポーツ)に先行を許し4位となった。

 セバスチャン・オジェ(M-スポーツ)もSS18をタナクに次ぐタイムでクリアし、暫定首位で最終走者ローブのフィニッシュを待つ。

 ローブは最終ステージを3番手タイムで走りきり、優勝。2013年ラリー・アルゼンティナ以来、通算79回目のWRC勝利となった。

 結局オジェは2位、ヌーヴィルは4位、タナクは6位でのフィニッシュとなった。なおタナクはパワーステージ首位となり、貴重なボーナスポイント5を持ち帰った。これでオジェがランキング首位に浮上している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jin*****|2018/10/28 23:44

    違反報告

    タナクは圧倒的に速かっただけに、前戦に続き不運に泣いたが、こういう流れは最後にドラマがある。
    最終戦、個人タイトルとマニュファクチャラーチャンピオンのW受賞を狙ってほしい。
  • nei*****|2018/10/28 21:46

    違反報告

    本当に強いな、シトロエンも速い車だけど。
  • heh*****|2018/10/29 11:49

    違反報告

    ポディウムで隣同士に並んだローブとオジェが
    笑顔でじゃれあってたのが何か嬉しかったな(^^)
    あとエレナさんのぽっこりしたお腹が(笑)
    タナクはちょっと厳しくなったけど最終戦、ドライバーズもマニュファクチャラーズも三つ巴の熱戦期待してます!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します