現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 自力チャンピオン候補はキャシディ、石浦、山本の3人。2018年スーパーフォーミュラチャンピオン早見表

ここから本文です
スポーツ 2018.10.26

自力チャンピオン候補はキャシディ、石浦、山本の3人。2018年スーパーフォーミュラチャンピオン早見表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月26~28日に鈴鹿サーキットで開催される2018年の全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦『第17回JAF鈴鹿グランプリ』。前戦を終えた段階でチャンピオン候補は5名に絞られた。最終戦開幕を前にチャンピオン獲得の条件を整理しておこう。

 2018年のスーパーフォーミュラは石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)や中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)、小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)、山本尚貴(TEAM MUGEN)といった国内トップドライバーに加え、福住仁嶺(TEAM MUGEN)、松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)という海外フォーミュラ経験者も参戦している。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 またハード面では、現行シャシー『SF14』のラストイヤーで各チームとも熟成が進んでいること、シリーズ全戦でタイヤ2スペック制が採用されていることなどから、これまで以上に激しいオーバーテイクが繰り広げられ、予測の難しいレースが展開してきた。

 第6戦岡山を終えた時点で、ランキングトップは第3戦SUGOで2位表彰台、第4戦富士でポール・トゥ・ウィン、第5戦もてぎで3位表彰台を獲得したニック・キャシディ(KONDO Racing)で29ポイント。

 2位には第4戦富士でキャシディと激闘を繰り広げ、第5戦もてぎをポール・トゥ・ウィンで飾った石浦が25ポイントで続いている。

 シリーズランキング3位は第1戦鈴鹿でポール・トゥ・ウィン、第3戦SUGOで優勝した山本で24ポイント。ランキング4位はどちらも17ポイントを獲得している関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)と平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)のふたりだ。

 最終戦は優勝したドライバーに3ポイントが追加で与えられるため、ポールポジションポイントとあわせて最大14ポイントを獲得可能。このため、トップのキャシディと12ポイント差のランキング4位タイにつける関口、平川にもチャンピオン獲得の権利は残されている。

 ただし、関口と平川は優勝が絶対条件であり、かつライバルの順位次第ではチャンピオンに手が届かない。

 ライバルの順位に関係なく、自身が優勝すればチャンピオンを獲得できる“自力チャンピオン”の可能性を残しているのは、キャシディと石浦、山本の3名。このうち山本についてはポール・トゥ・ウィンを達成した場合のみ、ライバルの順位に関係なく王座が確定する格好だ。

 もちろんチャンピオン候補5名以外の野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)や可夢偉、一貴、福住、松下といった面々もシリーズ最終戦で有終の美を飾るべく、並々ならぬ気合で臨んでくることは間違いなく、スーパーフォーミュラ最終戦は26日(金)の専有走行から手に汗握る緊迫した争いとなりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します