現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソがアルボン獲得を希望とニッサン・e.ダムス代表が認める。「引き抜き行為は非常に腹立たしいが、現在協議中」

ここから本文です
スポーツ 2018.10.24

トロロッソがアルボン獲得を希望とニッサン・e.ダムス代表が認める。「引き抜き行為は非常に腹立たしいが、現在協議中」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル首脳陣はトロロッソ・ホンダの2019年ドライバーとしてアレクサンダー・アルボンを起用したい考えであるとの報道を、アルボンとのフォーミュラEにおける契約を有するニッサン・e.ダムス代表が認め、レッドブルからのアプローチを受けて、現在協議中であるとコメントした。

 現在若手ドライバープログラムにトロロッソの2019年ドライバーとしてデビューさせるにふさわしい人材を持たないレッドブルは、昨年解雇したダニール・クビアトを呼び戻すことを決め、現在はそのチームメイトについて検討を行っている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 今月、モータースポーツコンサルタントのヘルムート・マルコが、元レッドブルジュニアドライバーで現在F2に参戦するアルボンに目をつけ、交渉を開始したと報じられた。アルボンはすでに2018/19年のABBフォーミュラE選手権に向け、ニッサン・e.ダムスとの契約を結んでいる。

 しかしアルボンが先週行われたプレシーズンテストへの参加を取りやめたため、レッドブルとの交渉についてのうわさが加速していた。ニッサン・e.ダムスのボス、ジャン‐ポール・ドリオは、レッドブルからアプローチがあり、交渉を行っていると認めた。

「我々ダムス、そしてニッサン・e.ダムスのメンバーは非常に苛立っている。ダムスはF2に関して、アレクサンダー・アルボンのレースのため、資金面で大きな支援をしてきたのだ」とドリオは語る。
 アルボンは2018年、ダムスからF2に参戦し、最終ラウンドを前にランキング2位につけている。

「昨年彼が所属したチーム(ARTグランプリ)では彼はいい結果を出せなかったが、今年、我々は優れたマシンを与えている。それによって彼はドライバーとして速さを発揮することができたのだ。私は彼に速さがあることを疑ったことはない」

「彼と(フォーミュラEでの)3年契約を結んだ。我々は彼のイメージを高めるために協力してきたというのに、突然トロロッソが現れた。マルコがアルボンを乗せたいと言い出したのだ」

■ニッサン・e.ダムス代表「アルボンがトロロッソに行きたいと思うのは仕方のないこと」と理解も示す
 ドリオは、自分自身はアルボンがF1に参戦するチャンスを邪魔したくはないものの、契約がある以上、簡単に放出することはできないと示唆した。

「目が見えない人間に、見えるようになりたいかと聞いたとしたら、答えは明らかだ。幼いころからF1で走ることを夢見てきたドライバーに、彼(マルコ)が話を持ちかけたらどうなるか。答えは分かり切っている」

「そのため、現在我々はトロロッソと交渉を行っている。ニッサン上層部は当然のことながらこの問題に不満を持っている」

「3年契約を結んでいたのだから、不満は大きい。だが、今はなんとか解決策を見つけようとしているところだ」

 ドリオは、このままアルボンの契約を強制的に継続しても、チームにとってもいいことはないと考えている。

「ドライバーがもう我々のもとで走りたくないと考えている場合、どうすべきかということだ。ただ、契約があることは明白だ」

「今のところ何も決まっていない。そのため、(フォーミュラEのテスト最終日に)オリバー・ローランドを乗せた。今後2、3週間の展開を見ていく」

「関係者全員にとってベストの解決策を見つけるため、トロロッソと話し合いを行っている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します