現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2番手のガスリー、新型PU&エアロパッケージで走行「全体的に好感触。パフォーマンスがいいと感じた」:トロロッソ・ホンダ F1アメリカGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.20

2番手のガスリー、新型PU&エアロパッケージで走行「全体的に好感触。パフォーマンスがいいと感じた」:トロロッソ・ホンダ F1アメリカGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1アメリカGPの金曜、ウエットコンディションのなか、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=13番手/2=2番手のタイムを記録した。

 ホンダは、ロシアGP金曜に試し、日本GPで初めて本格導入した新型パワーユニットにさらに改良を加えたものを、アメリカGPに持ち込んできた。金曜走行を前に、ガスリー車に7基目のICE(エンジン)、ターボチャージャー、MGU-H、6基目のMGU-Kが投入され、ガスリーがペナルティによりグリッド後方からのスタートになることがFIAから発表されている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 また、トロロッソは今回、新エアロパッケージを持ち込み、金曜FP2でガスリー車のみに搭載してテストを行った。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ピエール・ガスリー フリー走行1=13番手/2=2番手
 今日はいい一日だった。午前中はインターミディエイトタイヤをうまく機能させるのに少し苦労したが、FP2に向けてセッティングを少し変えたら、かなり改善された。

 午後はマシンの感触がとてもよく、ウエットコンディションの中で走るのがとても楽しかった。この素晴らしいコースを雨のなか走るのはものすごくエキサイティングだ。

 あまり周回を重ねることはできなかったが、全体的な感触もパフォーマンスもよかったと思う。全員が本格的に走ったわけでなくても、タイムシートの上位に名前があるのを見るのは気持ちいいものだね。

 PU交換によるペナルティで、決勝は後方からのスタートになるから、日曜の決勝でできるだけいいペースを発揮するようなマシンに仕上げることに集中していく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します