現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > カワサキ、新型ニンジャZX-6Rを10月上旬から導入国で順次発売。日本でも発売予定

ここから本文です
スポーツ 2018.10.12

カワサキ、新型ニンジャZX-6Rを10月上旬から導入国で順次発売。日本でも発売予定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 川崎重工は10月12日、600ccクラスのスーパースポーツモデル『Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R』をモデルチェンジして発売すると発表。2018年10月上旬から導入国で順次発売する。

『ニンジャZX-6R』は、636cc水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載するカワサキのスーパースポーツモデルだ。シャシーは、ワインディングロードに焦点をあてたセッティングとなっているが、サーキットや高速道路、市街地といった走行シチュエーションにも対応している。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 2019年型『ニンジャZX-6R』は、フロントカウルやテールカウルなどのデザインが一新。Ninjaシリーズの共通デザインが取り入れられ、ヘッドライトとテールランプにLEDが採用されている。タイヤはブリヂストンの最新モデル、BATTLAX HYPERSPORT S22を装備している。

 エンジンでは、従来モデルと同等の出力やトルクを維持しながら欧州の排出ガス規制であるユーロ4に対応。ギヤ比の変更により低速域でのパワーフィーリングが向上しているという。

 また、新たにカワサキ・クイック・シフター(KQS)が装備され、クラッチ操作不要でシフトアップが可能となった。

 カラーリングは、ライムグリーン×エボニー×メタリックグラファイトグレーとメタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック、パールストームグレー×メタリックフラットスパークブラックの3色が設定されている。

 発売開始は、2018年10月上旬を予定。日本でも導入される予定で、日本仕様にはETC2.0が標準で装備される。

【2019年型Ninja ZX-6R主要諸元】
商品Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R型式ZX636GKF/ZX636HKF全長×全幅×全高2,025mm×710mm×1,100mm軸間距離1,400mm最低地上高130mmシート高830mmキャスター/トレール23.5度/101mmエンジン形式/弁方式水冷4ストローク4気筒/DOHC4バルブ総排気量636cc内径×行程67.0×45.1mm圧縮比12.9:1始動方式セルフスターター点火方式バッテリ&コイル(トランジスタ点火)潤滑方式ウェットサンプエンジンオイル容量3.6L燃料供給方式フューエルインジェクショントランスミッション形式常噛6段リターンクラッチ形式湿式多板ギヤ・レシオ1速:2.846(37/13)2速:2.200(33/15)3速:1.850(37/20)4速:1.600(32/20)5速:1.421(27/19)6速:1.300(26/20)一次減速比/二次減速比1.900(76/40)/2.867(43/15)フレーム形式ダイヤモンド懸架方式前:テレスコピック(倒立)後:スイングアーム(ユニトラック)タイヤサイズ前:120/70 ZR17M/C(58W)後:180/55 ZR17M/C (73W)ブレーキ形式前:デュアルディスク 275mm(外径)後:シングルディスク 186mm (外径)ステアリングアングル(左/右)27度/ 27度車両重量196kg(Ninja ZX-6R ABS)193kg(Ninja ZX-6R)燃料タンク容量17L
※数値は海外仕様

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します