現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:フォルクスワーゲンがワークス“復帰”。開発中のポロGTI R5を第12戦カタルーニャに投入

ここから本文です
スポーツ 2018.9.6

WRC:フォルクスワーゲンがワークス“復帰”。開発中のポロGTI R5を第12戦カタルーニャに投入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォルクスワーゲン・モータースポーツは2019年の本格デビューに向けて開発を進めているR5規定のラリーマシン、『フォルクスワーゲン・ポロGTI R5』を10月25~28日に開催されるWRC世界ラリー選手権第12戦カタルーニャに投入すると発表。スポット参戦ながらシリーズにワークス復帰を果たす。

 2013~16年の間、WRCにフォルクスワーゲン・ポロR WRCを投入し、セバスチャン・オジエとともにシリーズ4連覇を成し遂げたフォルクスワーゲンは、カスタマー向けラリー車として人気を博しているR5市場に参入するべく、新型車両の開発を進めている。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 市販のポロGTIにWRCで培ったノウハウを詰め込んだというポロGTI R5は四輪駆動で最大出力272馬力を誇るマシン。開発テストではターマック(舗装路)とグラベル(未舗装)をあわせて1万キロ近くを走り込んでいるという。

 すでにポロGTI R5は多くのカスタマーチームから興味を得ているとのことで、FIAホモロゲーション取得は2018年10月1日にもかかわらず、オーストラリアやベルギー、フィンランドなどのチームと計15台分の契約が成立しているという。

 フォルクスワーゲン・モータースポーツを率いるスベン・スミーツは「開発部隊は懸命に作業を続けており、最高の結果を残し続けている。その証がカスタマーからの好リアクションだ」と自信を覗かせる。

 また販売部門の指揮を執るジュリアン・グリュンドルも「ほぼすべてのチームが2019年に向けて明確な参戦プランを立てているから、彼らにポロGTI R5を託す瞬間が待ち遠しい」と述べている。

■スペイン戦でフォルクスワーゲンのワークスチームがWRCに“復帰”

 またフォルクスワーゲンは、マシンデリバリー前の最終テストと実戦デビューを兼ねて、10月にスペインで行われるWRC第12戦カタルーニャのWRC2クラスへ参戦すると発表した。

 ラリー・カタルーニャにはワークスチームとして参戦するため、フォルクスワーゲンはWRC最上位クラスでの活動を終了した2016年以来に、WRCへ“ワークス復帰”を果たすことになる。

「我々はラリー・カタルーニャに参戦し、2台のポロGTI R5を持ち込む」とスミーツ。

「我々の狙いは、ポロGTI R5の戦闘力をもっとも競争の激しい環境で披露し、(ターマックとグラベルの)ミックスサーフェスでのパフォーマンスを証明することだ」

 なお、現時点でどのドライバーが起用されるかは発表されていないものの、WRC公式サイト『WRC.com』などは開発テストに参加しているWRC2クラス王者のポンタス・ティデマンドや以前Mスポーツに所属していたエリック・カミリが候補だとしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します