現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ、スパでの大クラッシュでシャシー交換。最新仕様のスペアパーツが不足|F1イタリアGP

ここから本文です
スポーツ 2018.8.31

アロンソ、スパでの大クラッシュでシャシー交換。最新仕様のスペアパーツが不足|F1イタリアGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)のマシンは、ベルギーGPのオープニングラップでの大クラッシュで負ったダメージにより、シャシー交換を強いられた。さらに最新仕様のパーツはスペアが足りない状態でイタリアGPに臨むことになるようだ。

 ベルギーGPのスタート直後、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)に追突されたアロンソ。その衝撃でシャルル・ルクレール(ザウバー)に乗り上げ、マシンは大破してしまった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 結果として、ベルギーGPと連戦になるイタリアGPでは、アロンソが使用する最新パーツはスペアが不足している状態となったようだ。

 さらにアロンソが使用していたルノー製パワーユニット(PU)も継続使用できるか、まだ確信できていない状態であり、金曜日のフリー走行で判断が下されるようだ。

 アロンソはイタリアGPに先立ち、使用するシャシーについて「冬のテストや序盤の数レースで使っていたものだと思う」と答えた。

「だから、すでにレースで使っているものだ」

「エンジンに関しては問題ないようだが、それはFP1で明らかになるだろう」

「明日(金曜日)にそれを試して、全てが問題ないことを確認したい。日曜日から火曜日にかけては懸念が残っていた。でも全てが適切にチェックされ、問題ないように思える。だから、そのエンジンがまだ使えることを願っている」

「僕たちは十分運が良かったが、おそらくスペアパーツを使い果たしてしまった。マシンに載っているものだけだ。残っているのは違う仕様のパーツなんだ」

「マシンのダメージは非常に大きかったので、とても厳しかった。特に僕のマシンはね。モンツァに向けて、4日間で完全に新しいマシンを組まなければならなかったんだ」

 アロンソは、スパで新しいPUのコンポーネントを投入しないことを決断したが、早々にリタイアとなってしまったことがとても痛かったと話した。そのため、彼は残りの8戦のうち、どこかでペナルティを受けることになるだろう。

「ヒュルケンベルグと(ルノーのカルロス)サインツ、(メルセデスのバルテリ)ボッタスがペナルティを受けたため、僕たちはスパでエンジンを変えないことを選び、14番手というグリッドから恩恵を受けようとした。でも、最初のコーナーでレースを終えることになった」

「今回のレース以降に、ペナルティを受けなければならない。とても悲しい1日だった」

 ベルギーGPの決勝後、日曜日の夜にスパを離れたアロンソは、その時点で右手首に包帯をしていた。クラッシュから数時間が経過してから、問題に気がついたと言う。ただ幸い、大きな怪我ではないようだ。

「日曜日には(痛みを)感じていたし、まだ患部が熱を持っているように感じるが、問題ない。ルクレールと当たった際に、ステアリングに手を置いていたからね。日に日に痛みは少なくなっているし、大丈夫だろう」

 アロンソは手首の他にも、背中にも痛みを抱えていたと明かしたが、こちらもすでに走行に支障のない状態となっているようだ。

「正直に言って、痛みがあったのは火曜日だけだ。日曜日も月曜日も問題なかったが、火曜日に目を覚ました時に、少し痛かった」

「だけど昨日(水曜日)も今日も大丈夫だったし、支障はない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します