現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【ブログ】深い霧に包まれたスパのいたるところにウォーカーおじさん/F1ベルギーGP現地情報2回目

ここから本文です
スポーツ 2018.8.29

【ブログ】深い霧に包まれたスパのいたるところにウォーカーおじさん/F1ベルギーGP現地情報2回目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第13戦ベルギーGP、夏の陽気から一気に冬のような寒さとなったスパ・フランコルシャン。今回もムッシュ柴田氏が現地の様子をお伝えしていきます。

--------------------------------

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

2018年のスパは、1日ごとにどんどん気温が下がって行きました。木曜日はまだ25℃前後と夏の陽気だったのが、金曜日には15℃に急降下。でもそれはまだまだ、序の口でした。


大雨に見舞われた土曜日の朝は、10.5℃。



そして快晴に恵まれた日曜日の朝は、なんと4℃でした!

それにしても2018年は、高速道路の出口工事で大きく迂回されたりということもあって、毎日往復150kmの通勤を繰り返して、ちょっとしびれました。



さらにサーキットに近づくにつれ深い霧が出てきて、前方はほとんど見えない状態に。

パドックもすっぽり、深い霧に包まれました。曇ってるんじゃないんですよ。上空を見ると、しっかり青空でしたから。



2018年はジョニーウォーカーが初めてのタイトルスポンサーになったということで、サーキットのいたるところに、このオジサンがいました。表彰式でもごらんになったように、トロフィーまでジョニーウォーカーというのは、ちょっとやり過ぎじゃないかな~と思いました。
インディ500ほどじゃないにしても、もうちょっと重みのあるトロフィーを毎年受け継いで行くのがいいんじゃないかなと。



パドック入口にはこんなボードが設置されてて、出勤してきたドライバーたちがサインを書き込むようになってます。予選11番手と健闘したトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、ちょうどサインしてるところでした。

「飲んだら乗るな」キャンペーンですね。ハイネケンもそうですけど、アルコール飲料メーカーが積極的にモータースポーツに進出して、こういうキャンペーンをやってしまう。日本のメーカーには、あまりない発想かもしれません。



そして決勝グリッドにも、
ウォーカーオジサンが出現してました。アップで撮ると首にパスまでかけてるし、動きそうですよね。



ベルギーの地元名士たちの表敬訪問を受けてるガスリー。ドライバーはレーススタート直前まで、こういう対応に追われるわけです。



予選でまさかの失速を喫したザウバーのシャルル・ルクレールは、グリッド上でも終始渋い表情でした。レースもあわやの大事故に遭遇してしまいましたが、すでにいやな予感がしてたのか……。



予選3番手と大健闘したフォース・インディアのエステバン・オコンも、こんな表情。

「レースで晴れたら、この順位はキープできない」と言っていて、実際その通りの展開になってしまったし、チームメイトにも先行されてしまいましたが、でもレース後は5位6位のダブル入賞という結果に、満足そうでした。



ジョニー・ハーバートとアンソニー・デビッドソンからレース後にインタビューを受けるガスリー。こちらの9位入賞も、現状望み得る最高の結果でした。



今年スーパーフォーミュラで活躍中で久しぶりにヨーロッパにやって来た松下信治選手。トロロッソ・ホンダのシートも空いてるし、早く上がってきてね。待ってますよ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します