現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ代表、9位入賞のガスリーを称賛「スタートからフィニッシュまで、素晴らしいレースをした」:F1ベルギーGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

トロロッソ代表、9位入賞のガスリーを称賛「スタートからフィニッシュまで、素晴らしいレースをした」:F1ベルギーGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ベルギーGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは9位、ブレンドン・ハートレーは14位を獲得した。

 ガスリーとハートレーは、バルテリ・ボッタスのグリッド降格でひとつ繰り上がり、それぞれ10番グリッドと11番グリッドからスタート。ガスリーはスーパーソフトタイヤからソフトへ、ハートレーはソフトタイヤからスーパーソフトへ交換する戦略で走った。ガスリーは、44周のレースをウイナーと同一周回の9位でチェッカーを受け、2ポイントを獲得した。ハートレーは14位でフィニッシュ、入賞には届かなかった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
チーム代表フランツ・トスト
 スパ・フランコルシャンは我々のマシンと相性がよくないサーキットなので、難しい週末になることを覚悟していた。それだけに、ピエールが9位でフィニッシュし、ポイントを獲得できたことをとてもうれしく思う。昨日の予選でも我々は11番手、12番手とまずまずの結果を出した。

 レース序盤、ターン1でアクシデントが起きたが、幸運にも2台ともが無傷で切り抜けることができた。クラッシュに巻き込まれたドライバーたちにケガがないことが確認できて本当によかった。

 ピエールは、好スタートを切り、その後も非常にいいレースをした。序盤からペースをコントロールし、タイヤをうまく管理して走り、9位入賞にふさわしいレースだったと思う。

 ブレンドンに関しては、レース序盤のアクシデントの影響によりいくつかポジションを失ってしまい、少し不運だった。

 今日のレースではブレンドンがソフト、ピエールはスーパーソフトでスタート、異なるタイヤ戦略で挑んだ。スーパーソフトは期待していたよりもよく機能していたので、ピエールのスティントを伸ばし、ソフトへの交換のタイミングを遅らせることができた。その後、彼はソフトで問題なく最後まで走り切った。その結果、我々はコンストラクターズ選手権において非常に重要な2ポイントを獲得することができたのだ。

 次はチームにとってのホームとなるイタリアでのレースに挑む。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します