現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > エコカーカップは本当にど素人でも楽しめるレースか? 参戦して検証してみた

ここから本文です
スポーツ 2018.8.22

エコカーカップは本当にど素人でも楽しめるレースか? 参戦して検証してみた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アナタの家のクルマそのままで参加できるモータースポーツ!

 サッカー、野球、テニス、ゴルフ……。趣味で楽しめるスポーツは数あれど、もっともハードルが高くて縁遠いスポーツのひとつが、モータースポーツではないだろうか?

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 その理由は費用面といって間違いはないだろう。ギアと呼ばれるヘルメットやレーシングスーツ、シューズなどを一揃えするだけでも数十万円。加えて当然のごとく、走るクルマがなければできない。中古だろうがなんだろうが、クルマは高価だ。

 消耗品もバカにならない。ヘタをすれば少し走っただけでタイヤ交換、オイル交換、ブレーキだって交換しなくちゃならない。

 といった具合にモータースポーツは庶民の遊びとしちゃ、ちょっと厳しい側面がある……いや、ここは過去形で「あった」としておこう。

 もし、少しでも興味があるなら、今回WEB CARTOPチームが参加した「エコカーカップ」に挑戦してみてはいかがだろうか?

 このユルくて熱いが、「れっきとしたモータースポーツ」を簡単に紹介しよう。まず場所は富士スピードウェイの本コース。国際レーシングコースで世界最高峰のモータースポーツ、F1も行われたサーキットだ。そう、ベッテルもハミルトンもアロンソも走ったまったく同じ場所を走行できるのだ。

 そして肝心の参加車両。エコカーカップには、ガソリンエンジン車4クラス、ディーゼル3クラス、ハイブリッド7クラス、プラグインハイブリッドクラスが設定されている。こう聞くと難しいかもしれないが、参加できない車両はないのではないか? と思うぐらい幅広い。

 ざっとを紹介すると、いわゆる国内外のターボモデルはほぼOK。今回の参加車のなかには、スバル・レヴォーグ、ホンダ・シビックタイプR、ルノーメガーヌR.S.、ミニ、そしてミニバンのルノー・カングーなどもいた。

 NAガソリン車も幅広い。レギュレーションを見ると、マツダ・ロードスター(ND)、トヨタ・ヴィッツ、日産マーチ、ホンダ・シビックタイプR(NAモデル)から、トヨタ・クラウン、日産フーガ、レクサスLSなども入っている。

 ディーゼルはマツダ・デミオからマセラティ・ギブリなど、乗用車なら基本なんでもアリ。

 ハイブリッドはトヨタ・アクア&プリウスはもちろん、メルセデス・ベンツSクラスのハイブリッドまで、基本ハイブリッドとつけばOKな感じである。

 もちろんサーキットなので、横転の危険が高いワンボックス車やRV車は参加不可となっているが、SUVの三菱アウトランダーPHEVやミニバンのVWシャランなどはリストに入っていて、「対象車両は掲載されていない車種も多々あります」「追加希望の車種があればお問い合わせください」とのことなので、とにかく世の中にある多くの車種で参加できるというワケだ。

 そして何より嬉しいのが、とくに何かをすることなく、普段買い物に使っている車両そのままで参加できる。タイヤもきちんと車検対応の溝があれば大丈夫で、逆にサーキット用のSタイヤは使用禁止になっている。

 と、「もしかしてウチのクルマでも参加できる?」と思っていただいたところで、いよいよレースの中身についてザックリと説明しよう。

 速くなくても勝てる可能性大! 乗りかえつつ走れるチーム競技

 レースは2種類で、60分と180分のものがある。両方に出てもOKだ。

 このレース、時間内に何周走れたかという、いわゆる普通のレースのような「速さ」と、どのぐらいガソリン(軽油)を使わなかったか、という「燃費」ポイントの合計で争われる。

 そして次が肝心! 基準タイム「以上」で走らなければ、ペナルティでポイントが引かれてしまうのだ。基準タイムは、180分レースのほうは3分15秒、そして60分のほうが4分45秒というもの。参考までに、今回WEB CARTOPチームはドノーマルのトヨタ・アクアで参加し、全開で走った予選タイムが2分39秒。つまりそれよりも35秒も遅いタイムで走ればいい……というよりも走らなければいけないので、それこそサーキット初の人、女性、まだ初心者マークの人まで、誰もが勝てる可能性がある。

 とはいえ、燃費を稼ぎつつ3分15秒を目指すというのはじつにチャレンジング! 速度を落とさず、全開アタックと同じ速度のコーナリングでタイムを稼ぎ、ストレートはゆっくりというタイプもいれば、コーナーは自信がないのでゆっくりと、そしてストレートを飛ばしてタイムを出すという人もいる。もちろんコンマ1秒でも基準タイムを上まわればペナルティ(失格ではない)を受けるので、可能な限りギリギリのタイムを出すのは、運転技術とは別の部分で至難の業だ。

 もうひとつ、これはチーム戦というところが楽しい。180分は5回、60分は2回、かならずピットインしてドライバー交替をしなければならないというルールがある。同じドライバーが続けて走ってもいいけれど、いずれにしても規定回数はピットインし、一度降りて再び乗らなければならないのだ。

 さらに必ず、助手席に誰かを乗せなければならない。助手席の人間はストップウォッチ片手に、「いま3分5秒!」といった具合にドライバーを助けたり、「横から抜こうとしているクルマがいる!」などとサポートできる。運転に不慣れな人は、運転に慣れている人に横に乗ってもらえば安心して走れるので、この点でも参加のハードルは低い。

 そして180分の場合、5回(以上)のピットストップが義務づけられているということは、最低でも6スティントあるということで、6人で参加しても、全員が運転できることになる。ここもハードルが下がる要因で、エントリー代が1チーム50,500円(180分)なので、割り勘にすれば相当安くサーキットで1日遊べる計算だ。

 冒頭にギアの話をしたが、エコカーカップは、ヘルメット&グローブは必須でも、長袖、長ズボン、運動靴でOK! ジーパンに長袖シャツ、スニーカーで参加できる気楽さがいいのだ。

 ざっとエコカーカップの概要がわかっていただけただろうか? ではエコカーカップに参加したWEB CARTOPチームのリポートをお伝えしたい。

 サーキット素人でも本当に楽しめるかWEB CARTOPが挑戦!

 そもそもWEB CARTOPは走り好き集団(といっても4人)が作っているWEBメディアだ。それは所有するクルマをみればわかるだろう。中堅編集者の原田が日産R33GT-R! 若手女性編集者の乾はスバルWRX STI! 若手男性編集者の米澤は……アバルトとルノーを愛している! 編集長の石田は……もらった先代トヨタ・エスティマ16万km走行を騙し騙し乗っている……。と、約2名よくわからないが、とにかく走り好きなのだ。

 そんな4名はトヨタ・アクアを用意して富士スピードウェイに乗り込んだ。テーマは本当にサーキット初心者でも楽しめるのか? というもの。もちろん石田は胸のなかで密かに上位進出を狙っていることは言うまでもない。

 じつは米澤と乾の若手コンビは富士スピードウェイの本コースを走るのは人生初! それどころか、二人とも「ショートサーキットを少し……」ぐらいのキャリアで、業界経験も浅く、ハッキリいって単なる素人である。

 前日の練習走行で、ユルユルとコースをまわり、とりあえずどっちに曲がっているかを憶えた二人。レース当日、根拠もなく妙な落ち着きを見せる米澤と、緊張のあまりニヤニヤしっぱなしの乾。富士のサーキットライセンスをもつ原田と、なにげに国際C級ライセンスをもつ石田にも不安が走る。

 予選は石田がアタック! ここだけは全開走行が許されるが、2分39秒と速いのか遅いのかよくわからないタイムを叩き出した。「まぁ予選は関係ないからね」とは言い訳か本心かわからない石田のコメント。

 そして決勝! 70台以上がひしめくグリッドは壮観だ。47番グリッドに並んだアクアのステアリングを握るのは自称エースの石田。助手席にはスタート1分前でも相変わらずニヤニヤが止まらない乾が座る。石田の横でとりあえず学んでもらう作戦は失敗なのか?

 いざスタート! ……と、細かくは端折るが、じつはこの日計測機のトラブルで、数周まわったところで一度赤旗。もう一度スタートのやり直しとなっている。

 改めてスタートを迎えるが、やはり乾はニヤけたままだ。再度スタート! 猛然と加速するクルマ、いきなりふんわりアクセルのもの、入り混じりながら1コーナーになだれ込む。富士の広いコースゆえ、3ワイド(3台横並びのこと)で1コーナーをクリアする光景は凄まじい。

 コーナーで「ギャギャッ」とスキール音を鳴らすものもいれば、淡々と涼しい顔でドライブする人もいる。しかし自分のペースで走って燃費とタイムを揃えるためには、コーナーでのオーバーテイクも多々起こる。アウトから被せるもの、インを差すもの。素人だろうがなんだろうが、気分はF1やGTのそれと変わらない!

 そして何よりいいのが、参加者全員のマナーだ。コーナーで並べば、しっかりとお互いに確認しつつ、距離をとって接触がないように曲がっていく。そうはいっても並んだままのコーナリングでお互い意地を張り合うなど、なかなかのスリリングさが味わえる。

 もっとも心配な紅一点の乾が周回を重ねるごとに成長する!

 さて、素人には粗がバレない程度の模範演技で姑息に尊敬を集めにいった石田。あらかじめハンズフリーに繋いだ車載スマホが鳴り車内に米澤の声が鳴り響く「いまどこですかぁ~?」。緊張感ゼロだ! 「最終一つ手前!」と石田。「もう1周したらピット入ってください~。乾ちゃんと石田さん交替ですからね~」と米澤。「あぁ、F1みたいにボックス! ボックス! ぐらい言えないのかよ……(F1ではピットインのことをボックスと指示する)」、心のなかで毒づく石田。チラッと横を見ると、オープンカーで海沿いの道を爽快に流してるかのような笑みをたたえた乾。

 不安を抱えつつ、2番手の乾とバトンタッチし、石田は助手席に収まる。と、ピットロードを走行する乾の横顔からニヤニヤが消えた! これはもしや覚醒か!! 期待に胸を膨らませる石田! 助手席からコーナーの攻め方を教えつつ順調に走行を重ねていた瞬間、「ふわっ! ……フフフフ」。なんとシケイン(超タイトなS字コーナー)にノーブレーキで突っ込み、派手に電子制御を働かせるアクア! 基本的に乾はピンチに笑うキャラだったのだ。しかしその後はタイムも安定し、みるみるうちにコーナーのラインも習得していく乾。「わたし、方向音痴なんです……うふふ」とは走行後の乾のコメント。もう何も言うまい……。

「次でピットインで~す」。相変わらず緊張感のない声で呼び込む米澤。続いては富士のライセンスをもつGT-R男、身体はデカいが態度は小さい愛されキャラの原田が乗る。横には今回原田が面倒を見ると言い切った米澤だ。

 さすがは原田! プロドライバーから幾度もレッスンを受けた富士で、水を得た魚のように安定感のある走りを披露する。しかしストレートを見ると異常に遅い! 思いっきりコーナーを攻めて、ストレートはゆるゆると流す作戦のようだ。そうそう、原田のヘルメットはかのル・マン優勝ドライバー、荒 聖治選手のレプリカである。ノーマルのアクアで富士のストレートを70km/hで走る荒 聖治(ニセモノ)……このミスマッチっぷりもエコカーカップの醍醐味なのかもしれない。

 米澤はタイムよりも燃費重視! クレバーな闘いを見せる

 そしていよいよ、WEB CARTOPイチの強メンタル男、米澤の出番である。荒 聖治(ニセモノ)を助手席に乗せ、ピットを後にする。リアルタイムでラップタイムを表示するタイミングモニターを、鬼のような形相で凝視する石田と、やはりニヤニヤしながら見つめる乾。米澤のタイムは毎ラップなんと3分40秒! まさかタイムが出せないのか? あせる石田。「もしかしてマシントラブルですかね~?」どこかで聞きかじったようなセリフをのどかに語る乾。

 じつは米澤、全体の順位を見切って、燃費を稼ぐ作戦に切り替えていたのだった。初のエコカーカップのくせに自ら戦略を切り替えるとはなんとクレバーな男だ! 「米ちゃん、俺より燃費いいじゃん」、荒 聖治(ニセモノ)改め、原 聖治のコメント。

 米澤が2スティントを続けて走り、アンカーの乾が再びステアリングを握る! 「あっ! ちょっと失敗しちゃった」「やった! キレイに曲がれた」などとブツブツと独り言をつぶやきつつ周回を重ねる乾。その独り言も向上心の表れなのか? 周回を重ねるごとに上手くなっていくのは、石田の指導のおかげなのか、乾の努力か才能か?

 しかしここで大ピンチに見舞われる。なんと米澤の燃費走行作戦が少々やりすぎだったようで、規定周回数の44周(再スタートで160分レースに短縮したため/本来は50周)がギリギリになってしまったのだ! 3分15秒に限りなく近づけてタイムを稼ぐよう、乾に指示を飛ばす石田! 「ハイッ!」、今日イチの元気な返事でこたえ、完全に笑顔を消してアクアに鞭を入れる乾!!

 しかしここで、石田まさかのミス! なんと、乾の走りに檄を飛ばすあまり、ストップウォッチを見落としたのだ……。3分13秒、痛恨のペナルティを受けてフィニッシュとなった。

 その後60分レースもこなし、表彰式へ。じつは今回、編集部で隣に机を並べる雑誌CARトップチームもトヨタ・カローラスポーツでエントリーしており、WEB CARTOPチームは密かにライバル視していたのだ。しかも向こうはエコカーカップ経験が豊富なドライバー3人でのエントリーしている。

 結果、180分レース26位、60分レース21位、この2レース合計で決まるマスター・オブ・エコカー14位! なんとマスター・オブ・エコカーでは雑誌CARトップチームの15位を1番だけ上まわる快挙を成し遂げたのだ! 自分のミスがなければもっと上を目指せただけに、下を向く石田。そんな石田に対し「楽しかったです!」と語る原田と米澤、「次は優勝しましょ!」とやはりニヤけ顔の紅一点の乾。誰一人石田を攻めないこの状況で、チームスポーツであることを再確認できたのだった。

 さて、WEB CARTOPチームの結果で、素人でも思いっきり楽しめることが証明できたと思う。次回、春大会は2019年2月に行われる予定だ! ぜひ一度参加してほしい。

 WEB CARTOPチーム参加メンバーの感想

 原田貴俊(荒 聖治のニセモノ)

 純粋なタイムと周回数だけではなく、燃費なども重要になってくるエコカーカップ。今回はアクアでの参戦となった。じつは久しぶりの参戦だったのだが、チャレンジ180クラスの規定タイム「3分15秒」は、燃費を気にしながらのんびりと走っていられない絶妙な設定。これに合わせるのがじつに難しい! 台数も多く、できるかぎりクリアな状況で走れるタイミングは皆無に近い!? そんななか自分の走行時間を無事にこなし、なんとか若手へバトンタッチすることができた。

 スポーツカーじゃなくたっていい。つねに全開じゃなくてもいい。アクアとシビックタイプRが接戦で走るレースなんて、エコカーカップでしか見られないシーンだ。80台近いクルマが同時に走行しても事故もなく、そしてライバルとのバトルが楽しめる。それが、老若男女がまたエコカーカップに参加したい! と思う一番の醍醐味ではないだろうか。ぜひ、WEB CARTOPチームもまた参加したい!

 米澤 徹(アバルトとルノー愛する男)

 初めて走る富士スピードウェイ本コース。取材では撮影のために何度か助手席や後部座席で乗ったことはあるものの、まさか自分がエコレースで走るとは思いもしなかった! 「大丈夫、だいじょーぶ、速いクルマは勝手に抜いていくし、自分が気付いたらコースの端にいれば抜いてくれるから!」と原田パイセンの言葉。

 自分が運転しているときも原田パイセンが「横から来ているから注意ね!」と教えてくれるので、安心して走ることができた。このコドライバーを乗せるシステムは初心者には嬉しい。エンジョイ180は、タイムは出せなかったけど……燃費はリッター19.3キロ!(原田パイセンはドライバー交代時にリッター17.5キロ)と、4人の中ではベストを出したつもりだったけど結果は……。次回は速さも燃費も出せるように、日々精進します!

 乾ひかり(緊張するとニヤケる女子)

 レース参戦も富士スピードウェイを走るのも初めてだったので、最初は不安と緊張のあまり変なニヤニヤが止まりませんでした(笑)

 しかし始まってみるとそんな心配は不要! 通常のレースとは違う「基準タイム以上で走らなければいけない」というルールのおかげで、私でも無理のないスピードでコースに慣れることができました。

 また「助手席には必ず誰かが乗らなければいけない」ということで、今回は石田編集長に隣に乗ってもらい指導を受けられたことも大きな収穫! ラインや燃費を稼ぐためのペダルワークなどをイチから教えてもらい、私のハチャメチャな走りにかなりのダメ出しを食らいましたが(笑)、最後は「かなり良くなった!」と言ってもらうことができました。感激!

 ホームストレートでチームのクルマを応援したり、ピットで仲間のタイムを見て作戦を立てたり指示を出したり、本物のレースの緊張感や熱い雰囲気などを感じることもできました。やっぱりモータースポーツって楽しい!

 私はまだ入社5ヶ月目の新人ですが、WEB CARTOPの先輩たちから色々教わりながら力を合わせて戦っていくうちに、仲も深まったのではないかと思います。

 普段見ることはあってもなかなか参加することはできないレースを私のような素人でも心から楽しむことができ、サーキットだけでなく街乗りにも活かせるようなドラテク、燃費走行を習得することもできて大満足!

 私のようにクルマは好きだけどレースへの参戦はハードルが高い、自信がないと思っている方にもぜひエコカーカップに参加して、この楽しさを味わってみてほしいです!

 エコカーカップ公式HP http://www.japan-racing.jp/fsw/18/hv.html

 エコカーカップEnjoy 60(60分レース)動画はコチラ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します