現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 怪我の影響を跳ね除けヤマハ中須賀が三つ巴のバトルを制し優勝/全日本ロード第6戦もてぎ

ここから本文です
スポーツ 2018.8.19

怪我の影響を跳ね除けヤマハ中須賀が三つ巴のバトルを制し優勝/全日本ロード第6戦もてぎ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本ロードレース選手権JSB1000クラスは8月19日、ツインリンクもてぎで第6戦の決勝が行われ、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が鈴鹿8時間耐久ロードレースでの負傷の影響を跳ね除け今季7勝目を挙げた。

 天候に恵まれた決勝。ドライコンディションのもと23周で争われた。好スタートを切ってホールショットを奪ったのは高橋巧(Team HRC)。津田拓也(ヨシムラスズキMOTUL)が2番手につけ、ポールシッターの野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5)は3番手で1コーナーを抜ける。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 鈴鹿8耐で右肩を負傷した影響が残る中須賀はオープニングラップで4番手に下がるが、2周目の2コーナーで野左根をパス。続いて5コーナーで津田をかわして2番手に浮上し、トップを走る高橋巧の背後にぴたりとつける。

 3周目には中須賀と高橋巧が一騎打ちのトップ争いに移行。後方では野左根が津田を捕らえて3番手に浮上し、前を走る中須賀と高橋巧を追う。4番手に後退した津田はチームメイトの渡辺一樹とランデブー走行を開始する。

 9周目に野左根がファステストラップをたたき出してトップ2台との差を詰める。11周目に入ると高橋巧、中須賀、野左根の3台によるトップ争いが始まった。
 14周目。野左根が中須賀をとらえ、2番手浮上。野左根はさらに翌周に高橋巧をパスしてトップ浮上。高橋巧は一度はクロスラインで首位奪回も、野左根の2度目のアタックに首位の座を明け渡してしまう。

 中須賀も16周目には高橋巧を攻略して2番手浮上。ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームがワン・ツー体制に。

 17周目。中須賀が野左根を捕らえてトップ浮上。野左根はあきらめずに何度も順位を入れ替える。

 しかし中須賀は完全に野左根を抑えて先頭で周回を始める。2番手に後退した野左根に高橋巧が襲いかかる。2番手争いが激化したことで中須賀は2台との差を広げていく。

 残り4周はコーナーごとに周回遅れが出る状況。これで高橋巧はヤマハファクトリー2台に逃げられてしまう。野左根も周回遅れにいくつかひっかかったようで徐々に中須賀から離される。

 これで最終ラップはトップ独走になった中須賀。鈴鹿8耐で負った右肩の怪我をも攻略して今季7勝目を獲得。野左根が2位でチェッカーを受け、ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームに今季2度目のワン・ツーフィニッシュをもたらした。

 高橋巧は3位でフィニッシュし表彰台を得た。

 以下、全日本ロード第6戦JSB1000の決勝順位結果。
■全日本ロードレース選手権第6戦もてぎ JSB1000決勝順位結果
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos.No.RiderTeamMotorcycleGap/Delay121中須賀克行YAMAHA FACTORY RACING TEAMヤマハYZF-R123 Laps25野左根航汰YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5ヤマハYZF-R12.33931高橋巧Team HRCホンダCBR1000RR SP25.283412津田拓也ヨシムラスズキMOTULスズキGSX-R1000L817.366526渡辺一樹ヨシムラスズキMOTULスズキGSX-R1000L824.267611渡辺一馬Kawasaki Team GREENカワサキZX-10RR26.6567090秋吉耕佑au・テルルMotoUP RTホンダCBR1000RR SP235.030871加賀山就臣Team KAGAYAMAスズキGSX-R100043.985923清成龍一MORIWAKI MOTUL RACINGホンダCBR1000RR SP244.2461072高橋裕紀MORIWAKI MOTUL RACINGホンダCBR1000RR SP245.3361151ザクワン・ザイディHonda Asia-DreamホンダCBR1000RR SP255.8271220日浦大治朗Honda Suzuka Racing TeamホンダCBR1000RR SP257.420138山口辰也Team SuP Dream HondaホンダCBR1000RR SP21'01.1561425生形秀之エスパルスドリームレーシング・IAIスズキGSX-R10001'10.50915634名越哲平MuSASHi RT HARC-PRO.HondaホンダCBR1000RR SP21'19.6451631津田一磨Team Baby FaceヤマハYZF-R11'27.3091714中冨伸一HiTMAN RCKOSHIEN YAMAHAヤマハYZF-R11'27.6951846星野知也TONE RT SYNCEDGE4413BMW S1000RR1'29.0791915松﨑克哉Kawasaki Team GREENカワサキZX-10RR1'31.1822034岡村光矩KRP三陽工業&RS-ITOHカワサキZX-10RR1'49.9352122児玉勇太Team KodamaヤマハYZF-R11Lap2254ブライアン・キムTWO WHEEL KOREA SUPPLYスズキGSX-R1000R1Lap2343中津原尚宏ATJ RacingホンダCBR1000RR1Lap2437須貝義行チームスガイレーシングジャパンアプリリアRSV4 RF1Lap2560木村思音Honda 狭山レーシングチームホンダCBR1000RR1Lap26708山添康孝A-Garage・PROJECT.FATE#708スズキGSX-R10001Lap2735近藤湧也JOYNET GBSレーシングYAMAHAヤマハYZF-R14Laps-77吉廣光CLUBNEXT&MOTOBUMホンダCBR1000RR SP213Laps-44樋口耕太H.L.O RACINGスズキGSX-R100015Laps-70清末尚樹チーム阪神ライディングスクールカワサキZX-10RR18Laps

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します