現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「アロンソの後任は特別」マクラーレンに移籍のサインツJr.、母国の英雄に敬意|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.8.17

「アロンソの後任は特別」マクラーレンに移籍のサインツJr.、母国の英雄に敬意|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来季、F1に参戦しないことを発表したフェルナンド・アロンソに代わり、マクラーレンに加入することが発表されたカルロス・サインツJr.。彼にとってのヒーローであるアロンソの後任となることは”特別”だと話した。

 ルノーへとレンタル移籍していたサインツJr.だが、ダニエル・リカルドがレッドブルからルノーへと電撃移籍することを発表したため、来季の去就が未確定だった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 両者を長年支援してきたレッドブルは、リカルドの代わりにサインツJr.をレッドブルに昇格させるオプションを有していたものの、これを行使することはなく、サインツJr.とマクラーレンが複数年契約を結んだことが発表された。

 サインツJr.は、長年憧れていたマクラーレンへの移籍は夢のようだと語った。

「僕は、物心ついた時からマクラーレンのファンだった」

「マクラーレンは、信じられないほど素晴らしい伝統を持つ素晴らしいチームだ。マクラーレンでレースをして来たドライバーには、F1界のヒーローが名を連ねている」

「当然、フェルナンドもそのひとりだ。次世代のスペイン人ドライバーの一員として、彼に代わってマクラーレンのシートに座るのは本当に特別なことなんだ」

「最後に、子どもの頃からの夢を果たす機会をくれたマクラーレンのみんなに感謝したい」

「チームは未来に向けて長期的な計画を立てていて、栄光を取り戻す道のりの中で重要な役割を果たすことを、僕はすごく楽しみにしている」

 サインツJr.は、トロロッソとルノーでこれまで72戦に出走。最高成績は4位となっている。

 マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、サインツJr.がアロンソの後継者となることについて「ふさわしい」と評し、彼について「若さと経験が完璧に融合している」と述べた。

「彼は23歳だが、我々と共にF1での5年目のシーズンをスタートする予定だ。彼はF1についてだけでなく、我々のパートナーであるルノーについても、多くの経験をもたらしてくれる」

「カルロスがフェルナンドの大ファンであることは秘密ではない。モータースポーツにおいて伝説的な名前を持つカルロスは、フェルナンドのシートに座るのにふさわしい」

「彼はマクラーレンによくフィットすると思うし、来シーズンから彼がチームに加入することについて、我々は本当に興奮している」

 現在チームに所属するストフェル・バンドーンやリザーブドライバーのランド・ノリスの他、メルセデスの育成ドライバーであるエステバン・オコンも2人目のドライバー候補となっている。

 マクラーレンは2人目のドライバーについて、”適当な時期”に発表するとしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します