現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 肺移植手術を受けたニキ・ラウダ、順調に回復。治療を担当する医師団認める|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.8.4

肺移植手術を受けたニキ・ラウダ、順調に回復。治療を担当する医師団認める|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元F1王者であり、メルセデスのノン・エクゼクティブ・チェアマンであるニキ・ラウダは、イビサ島での休暇中に体調が悪化し、オーストリアのウィーンに飛んで手術を受けた。ラウダはAKHウィーン病院で肺の移植手術を受けた後、同病院に入院。集中的な治療を受けているが、順調に回復しているという。

 治療を担当するウォルター・クレペトコ医師は、オーストリアの放送局の取材に次のように語った。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

「現在のところ、すべてが非常にうまくいっています。そして、私たちは非常に満足しています」

 クレペトコ医師は、通常回復に要する時間は2~3週間であるものの、ラウダが69歳と高齢のため、回復期間は長くなる可能性が高いことを認めた。なお同病院では、年間約120回の肺移植手術を行っている。

 なおラウダは1976年にニュルブルクリンクで大クラッシュ。マシンが炎に包まれた影響で、肺に重症を負った。しかし当時の怪我は、今回の肺移植を決定する要因にはならなかったと考えているようだ。

「肺移植は、火災事故の予後ではないと推測することができる」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Charles Bradley)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します