現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCフィンランド:トヨタ勢が絶好調。オット・タナク、リードを39秒に拡大し最終日へ。ラトバラ3番手、ラッピ4番手につける

ここから本文です
スポーツ 2018.7.29

WRCフィンランド:トヨタ勢が絶好調。オット・タナク、リードを39秒に拡大し最終日へ。ラトバラ3番手、ラッピ4番手につける

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WRCラリー・フィンランドの2日目は、SS12からSS19のステージが行われ、トヨタ勢が絶好調。全ステージをトヨタのヤリスWRCのドライバーが制しており、オット・タナクはリードを39秒に拡大した。

 タナクは、この日最初のSS12から5ステージ連続でベストタイムを記録する圧巻の速さを披露。午後はパワーステアリングにマイナートラブルを抱えながらも、しっかりと上位タイムを記録し、総合総合2位につけたシトロエンのマッズ・オストベルグに対しての差を5.8秒から39秒まで広げた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 オストベルグはタイヤの摩耗に苦しんだ。ほとんどのマシンがスペアタイヤを1本しか載せない中、オストベルグは2本搭載。それでも、SS19の序盤にタイヤが終わってしまったと感じたようだ。

 総合3番手でこの日の走行に臨んだトヨタのヤリ-マティ・ラトバラは、8本のステージ中7本でトップ3に入る安定感を見せた。総合3番手は変わらなかったが、オストベルグとの差を12秒近く縮め、5.4秒差となっている。

 昨年のラリー・フィンランドで優勝を果たしたトヨタのエサペッカ・ラッピも、この日のラスト3ステージでトップタイムをマーク。総合8番手から、4番手までポジションを上げた。5番手ヘイデン・パッドン(ヒュンダイ)とは9秒差だ。

 パッドンに続いたのはMスポーツ・フォード勢。ポイントランキング2位のセバスチャン・オジェはテーム・スニネンの後塵を拝す7番手となっている。彼のマシンだけに装着されている新エアロパッケージも機能しなかったようだ。

 一方、ポイントリーダーのティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)も全く挽回できず10番手。9番手のクレイグ・ブリーン(シトロエン)からも40秒近く離されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Matt Beer)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • lap*****|2018/07/29 14:05

    違反報告

    フィンランドはトヨタWRCチームの拠点なので、
    出来れば、1-2-3フィニッシュして欲しいところ。
  • han*****|2018/07/29 15:35

    違反報告

    なんと言っても車が速い
    タナクも速い!
    新エンジンがよかったのか!TMG流石だ
  • isa*****|2018/07/29 14:53

    違反報告

    伝統的にフィンランド人の強い(1000湖)ラリーに、エストニアのタナク…どこまで行けるかな?
    トヨタチーム自体がフィンランドチームみたいなもんだから問題ないんかな?
    今はそんな事もないんかな(*^^*)?

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します