現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「2台トップ10入りは素晴らしい結果。パワーユニットの面でも難コンディションに適切な対応ができた」:F1ハンガリーGP土曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.29

ホンダ田辺TD「2台トップ10入りは素晴らしい結果。パワーユニットの面でも難コンディションに適切な対応ができた」:F1ハンガリーGP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ハンガリーGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは6番手、ブレンドン・ハートレーは8番手で、今シーズン初めて、2台揃ってトップ10入りを果たした。

 ドライコンディション下で行われたFP3ではガスリーが10番手、ハートレーが12番手だった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 予選直前に雨が降り、セッション中も断続的に雨となったため、路面コンディションが変化し続けた。

 Q1はダンプコンディションでスタート。2台はインターミディエイトタイヤでコースインしたが、路面が乾き始めたため、ウルトラソフトに交換し、ハートレーは1分18秒429で11番手、ガスリーは1分18秒577で14番手と、揃ってQ1を突破した。

 Q2では再び雨が強まり、セッションスタートとともにウルトラソフトでコースインしたふたりは、すぐにインターミディエイトに交換。悪化しつつあるコンディションに対応して早めにタイムアタックを行ったことが奏功し、ガスリーは1分31秒286で5番手、ハートレーは1分32秒590で7番手と、2台揃ってQ3に進出した。

 Q3は完全なウエット状態となり、ウエットタイヤでアタックを続け、ガスリーが1分37秒591で6番手、ハートレーは1分38秒128で8番手という好結果を出した。土曜に発表された暫定グリッドではペナルティを受けるドライバーはなく、ふたりとも予選順位と同じ位置から決勝をスタートする予定。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 昨日からのいい流れを引き継ぐ形で、降雨により波乱した予選を勝ち抜き、6番グリッドと8番グリッド獲得という素晴らしい結果になりました。

 予選ではチームもドライバーも素晴らしい仕事をしましたし、パワーユニット(PU)/エンジンとしても、断続的な雨により変わり続けるコンディションの中、臨機応変に対応し、適切なエネルギーマネジメントを維持することができました。

 ドライだった午前のFP3でのペースも悪くありませんでしたし、オーバーテイクが難しいこのサーキットで、明日どのようなレースができるか、楽しみにしています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します