現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、2021年の18インチタイヤ導入に合わせ、タイヤウォーマーも禁止へ

ここから本文です
スポーツ 2018.7.21

F1、2021年の18インチタイヤ導入に合わせ、タイヤウォーマーも禁止へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIAは、ホイールリム径18インチの低偏平タイヤへの移行が含まれる次の供給契約の入札を開始した。さらに、F1は2021年からタイヤウォーマーの使用禁止を試みるようだ。

 次のタイヤ独占供給契約は、2020年から2023年までの4年間。そのうち、2020年だけは現行のタイヤサイズとタイヤウォーマーの使用が許される予定だ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 2017年からF1のタイヤはワイド化された。フロントタイヤの幅は245mmから305mmまで広がったが、2021年からは35mm幅が減り、270mmとなる。なお、リヤタイヤの幅は現行の405mmと変わらず。一方で、タイヤの直径は現在の670mmから”700~720mm”に変更される予定だ。

 これらのことを考えると、現行のタイヤを供給しているピレリ以外のタイヤメーカーが入札した場合、2021年に予定されている大規模なレギュレーション変更前に、2020年のためだけにタイヤをゼロから開発する必要があるということだ。前回のタイヤ入札の際に、18インチへのインチアップを要求していたミシュランのようなメーカーにとっても、歓迎できる状況ではない。

 またタイヤウォーマーの禁止も、入札を勝ち取ったメーカーにとっては技術的なチャレンジとなるだろう。タイヤウォーマーの禁止はこれまでも議論が行われ、導入が試みられてきたが、安全上の理由で行われてこなかった。しかしながらFIAは、今が導入を進めるべき時だと考えているようだ。

 FIAの公式入札書類によると「ピットで加温されていない状態で置かれていたとしても、タイヤは安全な性能を発揮すべきである」とされている。

「絶対的なラップタイムに関しては、18インチのホイールに装着されたタイヤの性能は、作動温度領域において最低でも2019年のタイヤと同程度であるべきだ」

「大気温度、または路面温度が10℃を超える時、タイヤは決して”ガラス状態”(ゴムが弾性を失いグリップを失う)にならないようにガラス転移温度を選択しなければならない」

 興味深いことに「冬のテストのために、低温用タイヤが必要となる」と、入札書類には書かれている。これは、利用できるレース用のコンパウンドが限られるため、ヨーロッパで行われる冬のテストでタイヤをチームに大量に供給するためだという。

 一方で、ウエットタイヤとインターミディエイトタイヤはあらかじめ熱を加える必要なく、走行が可能でなければならないとされている。

 FIAによればショーの改善が最優先事項であり、現行サイズのタイヤを使う最終年からそれをスタートすべきで、「タイヤの供給業者は、2020年シーズンの75%のサーキットでそれを達成することに取り組み、契約期間を通じてこの目標達成に向けてパフォーマンスを上げていく必要がある」とのことだ。

 タイヤの内圧に関しては「ピークパフォーマンスを生む内圧でタイヤを安定させるため、タイヤが冷たい状態でも適切に内圧を安定させる能力が必要」だという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します