現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 日本GP開催延長に向け一歩前進。新生FOMの改革が、鈴鹿でのF1継続へ導く?:モビリティランド社長インタビュー|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.7.3

日本GP開催延長に向け一歩前進。新生FOMの改革が、鈴鹿でのF1継続へ導く?:モビリティランド社長インタビュー|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年で開催30回目を迎える、鈴鹿サーキットでのF1日本GP。その日本GPの継続が危うい状況にあるというのは、今年の3月に当サイトでもお伝えしたところだ。

 鈴鹿サーキットとFOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント)との契約は、今年限りで切れることになっている。当然、継続開催の交渉が行われているものの、3月の時点では両者の提示する条件に開きがあり、鈴鹿サーキット側は「非常に厳しい状況」と説明していた。

    F1日本GPの将来は? モビリティランド社長「非常に厳しい」と語る

 それから3カ月、状況は進展しているのだろうか? 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの山下晋社長に話を聞いた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 田中健一/motorsport.com)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します