現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハートレー、戦略的PU交換の後、車体トラブルでリタイア「リヤの方で何かが壊れた」:トロロッソ・ホンダ F1オーストリアGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.2

ハートレー、戦略的PU交換の後、車体トラブルでリタイア「リヤの方で何かが壊れた」:トロロッソ・ホンダ F1オーストリアGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1オーストリアGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーはリタイアを喫した。


 ハートレーは予選19番手だったため、チームは戦略的な判断により決勝前にパワーユニットのコンポーネントを交換した。5基目のICE(エンジン)、ターボチャージャー、MGU-H、4基目のMGU-Kを使用、グリッド最後尾への降格ペナルティを受けたが、フェルナンド・アロンソがピットスタートとなったため、19番グリッドからスタートすることになった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 スーパーソフトタイヤでスタートしたハートレーは、序盤のバーチャルセーフティカー導入の際にステイアウトし、一時10番手までポジションを上げたが、54周目に車体のトラブルによりスローダウンしストップ。その場でリタイアした。詳細なリタイア原因は決勝日時点では公式には明かされていない。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレー 決勝=リタイア
 予選の後、エアロバランスを少し変更したら、今日はマシンの感触がとても良くなった。

 レース序盤、近くを走るザウバー勢よりも苦労していたが、タイヤが古くなるにつれて、マシンのパフォーマンスが良くなり、強さが増してきた。

 今日はポイントを取るのは難しいと分かっていたけれど、バトルをしていた(マーカス・)エリクソンが9位(注:実際には10位)でフィニッシュしたのを見ると、少し残念な気持ちになる。   
     
 今日はタイヤをとてもうまく使えていた。でもマシンのリヤの方で何かが壊れてしまった。リヤの方で振動があったので、最初はタイヤのパンクかと思ったけれど、実際どういう問題が起きたのか、今のところ僕は知らない。今夜原因を調査して、来週のシルバーストンにはもっと力をつけて臨みたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します