現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ「ガスリーはパッケージの力を最大限引き出した。明日はポイント獲得を狙える」:F1オーストリアGP土曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.1

トロロッソ「ガスリーはパッケージの力を最大限引き出した。明日はポイント獲得を狙える」:F1オーストリアGP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1オーストリアGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは12番手、ブレンドン・ハートレーは19番手だった。

 ハートレーはQ1で敗退、ガスリーはQ2に進出したものの、2回目のアタックで自己ベストタイムを更新することができず、約0.2秒差でトップ10入りを果たせなかった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
テクニカルディレクター ジェームズ・キー
 昨日の結果から予想していたとおり、我々がいる中団はかなりの接戦だった。ハースは週末を通して速く、中団争いをリード、それ以外のチームが彼らの後ろの位置を争う展開になった。短いサーキットなのでタイム差が非常に小さく、戦いは熾烈だった。

 FP3ではブレンドンのマシンのバランスは良好だったが、ピエールの方はいまひとつで、改善する必要があった。予選に向けてどの程度進歩する必要があるのかは分かっており、少しずつまとめていくことができた。

 Q3進出が簡単ではなかったのは確かだが、不可能ではなかったと思う。0.2秒でポジションが大きく変わると予想しており、まさにそのとおりの結果になった。ピエールの2回目のランでタイム更新を果たせなかった。だが彼は今日のパッケージの力をめいっぱい引き出したといっていいだろう。これが今日の限界に近かったと思う。前の(エステバン・)オコンとの差は0.03秒、10番手まで0.2秒弱だったから、残念だった。

 トップ10のすぐ後ろで、決勝スタート時のタイヤを自由に選べる。金曜の走行から考えて、我々は決勝で10位以内を狙えるポジションにいると思う。

 ブレンドンはFP3でかなり向上した。最後列グリッドという結果になったが、あとコンマ2、3秒速ければポジションは大きく違っていただろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します