現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPオランダGP予選:コンマ1秒に4台という激戦を制したマルケスがポール。中上貴晶は惜しくもQ2進出ならず

ここから本文です
スポーツ 2018.6.30

MotoGPオランダGP予選:コンマ1秒に4台という激戦を制したマルケスがポール。中上貴晶は惜しくもQ2進出ならず

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第8戦オランダGPの予選が行われ、僅差のアタック合戦を制したレプソル・ホンダのマルク・マルケスがポールポジションを獲得した。

Q1:中上貴晶、惜しくもQ2進出を逃す3番手

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 ダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)やアレックス・リンス(スズキ)の他、昨年のポールシッターであるヨハン・ザルコ(テック3ヤマハ)が予選Q1からの出走となった。なお、フランコ・モルビデリ(マルクVDS)は、FP3で転倒。左手を負傷し以後のセッション欠場が決定している。

 まずは中上貴晶(LCRホンダ)がトップタイムをマーク。しかしジャック・ミラー(プラマック・ドゥカティ)やリンスがそれを上回り、中上はミラーから0.112秒差の4番手でタイヤを交換するためピットに入った。

 ここでも、中上が最初にアタックへ。計測1周目では自己ベストを更新できなかったものの、2周目にタイムアップし、2番手に浮上した。

 しかし、最後までアタックをしていたザルコが、最終セクターをうまくまとめて土壇場でタイムアップ。これにより中上が3番手となり、わずか0.025秒差でQ2進出を逃してしまった。ザルコに加え、リンスがQ2へと駒を進めた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 松本和己)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します