現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > EQシリーズだけじゃない! メルセデス・ベンツブースは環境重視の新モデルが続々【東京モーターショー2019】

ここから本文です
モーターショー 2019.10.26

EQシリーズだけじゃない! メルセデス・ベンツブースは環境重視の新モデルが続々【東京モーターショー2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ますます存在感を増すEQシリーズの新モデルがアジア初公開!

 メルセデス・ベンツ日本は東京ビッグサイトの南展示棟 南1ホールにブースを構える。広々としたエリアにはアジア初公開となるEQシリーズ最新モデルやジャパンプレミアの新型モデルなどがズラリと並ぶ。今回は新型車や参考出品されたモデルを中心に、メルセデス・ベンツブースをご紹介していこう。

    メルセデス・ベンツEQCが日本上陸! SUVの走破性と圧倒的な実用性の電気自動車

 今回アジア初公開となるVision EQSは100%電動のラグジュアリーセダンだ。デザインは「ワンボウ(ひと張りの弓)」型のシームレスな外観によって、ダイナミックで力強く堂々たる存在感を醸し出している。

 小型の電気モーターを各アクスルに備えることで、総合出力350kW以上というパフォーマンスを発揮する。航続可能距離はWLTPサイクルで最長700km、バッテリーを80%まで充電するために必要な時間は20分未満と効率的なクルマに仕上げた。

 特徴的なのは照明機能だ。テールランプはスター型に光る229個の独立したLEDで構成し、ボディとの一体感を高めたほか、EQファミリーのトレードマークでもあるブラックパネルグリルは、940個の個別に起動するLEDとスリーポインテッドスター1個で表現する。

 シートはクリスタルホワイトのマイクロファイバー「レザーDINAMICA」にダイヤモンドパターンのステッチ末端にローズゴールドのハイライトをあしらい、高級感を一層引き立てる。また、車両機能の操作を大型ディスプレイからタッチコントロールで行うほか、運転席と助手席にはサイドディスプレイを備えた。

 同じくEQファミリーの一員となるスマートEQ fortwoは欧州仕様車を参考出品。100%電気駆動で走行するモデルで、最大トルク160N・mを瞬時に発生させ、強力な加速感をもたらす。航続可能距離は約147~159kmとし、どこでも素早く充電できる車載充電器をオプション設定するなど使いやすさも向上している。

 エンブレムなしのVシェイプグリルのデザインを用いることで、初代モデルのスタイリングを蘇らせた。ヘッドライトやテールランプも変更し、おしゃれでスタイリッシュなデザインとなっている。内装にも新型センターコンソールのほか、新世代インフォテインメントを採用してより使いやすく進化した。

 世界で唯一の燃料電池プラグインハイブリッド車「GLC F-CELL」も披露。水素を燃料にして発電するほか、燃料電池車でありながらプラグを介しての充電や回生ブレーキによって発電した電気をリチウムイオンバッテリーに蓄電し、その電気を動力にできる。水素のみでの航続距離はおよそ336kmという。

 エクステリアにはEQブランドの象徴であるブルーのアクセントが入ったフロントグリルとサイドスカート、リヤバンパーを採用。また、サイドには「F-CELL」のロゴが入ったデカールを装着した。テレマティクスサービス「メルセデスミーコネクト」も標準で設定している。日本での発売は2020年中頃の予定だ。

 新開発のパワートレインを持つ新型車も続々登場!

 さらに、日本初のクリーンディーゼル・プラグインハイブリッド車「E350 de」も展示。日本での納車は2019年12月中旬を予定する。

 このモデルには最高出力194馬力、最大トルク400N・mを発生する最新の2リッター直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンを搭載。モーターには最高出力122馬力、最大トルク440N・mを組み合わせ、パワフルでスムーズな加速を実現する。近距離は電気自動車のように電気モーターのみで走行することも可能で、モーターのみの走行では航続可能距離を最大50kmまで伸ばした。

 燃費効率を高めるためにE350 deではタイヤを1サイズ落とすといった工夫も見られる。メーカー希望小売価格(税込み)は875万円で、プラグインハイブリッドモデル「E350 e」と比較しても20万円程度の差額で購入できる。

 新型Vクラスはフロントデザインを刷新し、スポーティなエクステリアを採用してスタイリッシュに進化した。今回の改良でもっとも特徴的なのは、快適性や高級感を高める2列目シートにオプション設定したエクスクルーシブシートだ。

 ヘッドレストクッション、オットマン、マッサージ機能などを搭載してSクラス並みの上質な移動空間を提供。さらにシートヒーターと、座面と体の間にこもった熱や湿気をシートに内蔵した複数のファンによって除去することで、暑い季節の快適性を高めるシートベンチレーターも備える。

 ほかにもアダプティブハイビームアシスト・プラスを標準装備して他の車両にハイビームが当たらないよう自動で照射範囲を制御する機能や、アクティブブレーキアシストなどの安全性も高めている。

 世界最強の量産2リッター4気筒エンジンを搭載した究極のホットハッチと称した「メルセデス-AMG A45 S 4MATIC +」も日本で初公開した。10月23日から注文受付を開始し、納車は2019年11月以降を予定する。

 最高出力421馬力、最大トルク500N・mを発揮する完全新設計のターボエンジン「M139」を搭載。エンジンの搭載位置を従来よりも下げたことで、操縦性能と空力性能を高めた。トルクの前後配分は状況に応じて可変制御される四輪駆動システムを採用したほか、新型リヤディファレンシャルによって劣悪な路面環境やサーキットにおける限界でのコーナリングにおいても最適なトラクションが得られる。

 また、発表記念として特別仕様車の「メルセデス-AMG A45 S 4MATIC+ Edition1」も発表。エクステリアは目を惹くサンイエローと、designoマウンテングレーマグノの2色から選択できる。サイドには専用デカールを組み合わせるほか、19インチAMGマルチスポークアルミホイールやエクステリアパーツで精悍な印象を作り上げている。

 さらに大型のフロントスプリッターや大型のハイグロスブラック仕上げのリヤウイングなどにより、空力性能やダウンフォースを向上させるとともにホットハッチとしての印象をさらに高めている。内装にはイエローのアクセントステッチが入ったAMGパフォーマンスシートのほか、足もとには専用フロアマットなどを採用して特別感のあるインテリアに仕上げた。

 メーカー希望小売価格(税込み)は通常モデルが790万円、特別仕様車が919万円。

 ほかにも、メルセデスミーコネクトや対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を体感してもらえるモデルの展示をはじめ、グッズ販売、LINEビーコンを活用した情報発信やスタンプラリーなどのコンテンツも用意する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します