現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 洗練されたデザインのクルマを造る輸入車に国産メーカーはどこまで対抗できるのか?

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クルマの購入時に「スタイルやデザイン」を重視するユーザーが増えている。だが実際にメーカーがデザイン重視でクルマを造っています、と公言しているケースは少ない。

 国内メーカーでは、三菱が『ekクロス』の発表時に、軽自動車ユーザーの嗜好の変化に合わせて、デザイン重視の開発を行なったことを公表した。

    コンパクトか?オフロードか?実用性とデザインを両立したSUV人気はどこまで続く?

 一方、輸入車ではアウディが以前からデザイン重視のクルマ造りを行なっていることをアピールしている。ここ数年の新型車は新鮮さがなく、パッとしなかったが、ここ最近、盛り返している。

 また、VWも海外でデザインに力を入れたモデルを発表。(@DIME)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mon*****|2019/11/19 18:01

    違反報告

    普遍的に美しさを追求する欧州車。各社ともデザインポリシーに絶対の自信があるから、モデルチェンジしても先代から大きくイメージを変えたりしません。

    一方、日本車の大半はモデルチェンジのたびに、デザインを大きく買えてしまう。そのポリシーの無さに「チープ感」を感じてしまうのです。

    ポルシェ、アウディ、ミニ、などは「先代と瓜二つ。だけど、より進化してる」の典型です。

    日本車にこれを求めるのは酷でしょうか。
  • mks*****|2019/11/19 17:49

    違反報告

    輸入車のデザインが洗練されていると、いまだかつて一度も思った事がない。
  • yua*****|2019/11/19 18:21

    違反報告

    1番売れている国内メーカーのデザインが醜過ぎるから欧州車が洗練されているように見えるんじゃないの

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン