現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 怒濤EICMA・FANTICがEURO5突破、公道走行可なYZを発表。さらにファクトリーチームを設立しちゃった…その意味

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.6

怒濤EICMA・FANTICがEURO5突破、公道走行可なYZを発表。さらにファクトリーチームを設立しちゃった…その意味

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1968年、当時星の数ほどあったイタリアのモーターサイクルカンパニーのうちの一つが、ファンティックだ。エンデューロマシン、つまり公道を走れるレゴラリータを仕立てる、イタリアらしいバイクメーカーであった。今はブランドを復活させているSWMや、はたまた消えてしまったヴェロメッティ、プフ…イタリアはエンデューロの国だから、とにかくストリートリーガルのエンデューロバイクが多かったのだ。ファンティックもレゴラリータブランドの一つである。

欧州におけるエンデュランサーブランド
実は、そのレゴラリータの時代から、イタリアではすべてを自社でまかなうような日本のバイク作りとは異なったバイク作りをしていた。あるメーカーは、フレームを作り、エンジンを仕入れた。あるメーカーは、フレームもエンジンも他社から仕入れた。近年、この状況から脱却に成功したのがKTMである。自社製の4ストユニットをいくつも抱え、次々に魅力的なモデルを生み出している。

    ホンダ「CB4X」とは!? ミラノで発表された、とっておきの隠し玉

FANTIC
XE125
2020年6月発売予定

さて。今回のXシリーズは、まずモトクロスのXXとエンデューロのXEに分かれる。こちらXE125からみてみよう。モトクロス、エンデューロファンであれば、見た瞬間に理解できるヤマハ率の高さ。フレーム、エンジンともにYZを踏襲というか、そのまま利用している。XEはエンデューロモデルで、このままEURO5を突破。もちろん、普段使いできるようなものではないだろうが、メーカーが公的にストリートを走ることを認めた、YZということになるだろう。

ファンティックは、これまでもYZ系のエンジンをヤマハから買い上げてマシンを作りあげることが多かったのだが、ある意味今回は欧州ヤマハとの協力体制のなかで作りあげたマシンだという点で、ファンティックにとってエポックメイキングである。そしてヤマハにとっては救いの神と言えるものなのかもしれない。少数生産のメーカーには優遇措置がある欧州において、YZシリーズをストリートリーガルとして残していけるのだから。

チャンバーは、YZよりも太いものへ。トルキーな特性が期待されそうだ。

ミクニのキャブレータ。

アテナのシリンダー、ヘッドを採用する。スペックは不明。

エアクリーナボックスは独自設計で、YZよりも大型化。このあたりが、大きく特性を変えてくることになりそうだ。

GET製とみられるECU。マップスイッチも装着されているのがXE流。

イタリアンデザインによる、YZの新解釈
過去のFANTICの意匠を残しながら、新時代へ対応するエクステリア。展示車は、まだ生産車の外装では無いので、もっと市販車はキマルだろう。

[ アルバムはオリジナルサイトでご覧ください ]

モトクロッサー、XX250
こちらは、モトクロッサーのXX250。XE125よりも、YZ率が高い。

エンジン、キャブ、ECUともにYZのものを踏襲する。なお、エンデューロ版2スト250は無し。EURO5を突破できないとのことだ。モトクロス版のXX125は、XE125を踏襲する形だった。市販にあたって、仕様が変更されることもあるだろう。

さらに、2020の早い段階で、やはりヤマハとの協力体制によって生み出される4ストエンデュランサーXEF250が登場する。当然EURO5を突破したエンジンということになるはずだ。

世界戦へ挑戦するFANTIC
現時点で、ファンティックは125ccにおいて1位であり…

50ccエンデューロにおいてイタリアチャンピオンである。レースを愛して止まない、イタリアのメーカーが、このXXとXEを使って2020年にトライするのは、世界選手権への復活だ。

バーダルがメインスポンサーとなって、エンデューロには名門ジョリーレーシングがファンティックに移行。また、若手を起用してMXGPにもチャレンジする。かねてより、関係性の深かったヤマハとイタリアの距離が、ファンティックによって一気に縮まることになった。2020年、注目のリバイバルブランドになるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ 稲垣 正倫)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します