現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 怒濤EICMA・ハスクバーナのアドベンチャー新解釈、NORDEN901が未来しか感じない

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.6

怒濤EICMA・ハスクバーナのアドベンチャー新解釈、NORDEN901が未来しか感じない

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリーの枠を超えた、あるべき近未来の姿をデザインカンパニーキスカは描く。近未来カフェレーサー、ビットピレン。スクランブラーの再定義、スヴァルトピレン。では、アドベンチャーバイクを作ったとしたら…? これが答えだ。ノーデン901コンセプト。ハスクバーナでは“this new twin-cylinder machine is Husqvarna Motorcycles’ first ever tourer machine”と表現、アドベンチャーというカテゴライズはしていない。

あまりの美しさにメディアがどよめいた
EICMAのハスクバーナのブースは、いささかビットピレン・スヴァルトピレンよりなのかな、と思えるものだった。ティザーがあらかじめ出ていたモノの、アドベンチャーバイクはあまり予想為れていなかったに違いない。あるいは、701エンデューロにラリーテイストで仕上げたマシンがあってもおかしくはないだろう。

    ホンダが新型レブルを発表!【EICMA2019速報】

アドベンチャーバイク、というコンセプトは車体をみればよくわかる。でも、アドベンチャーがキスカによって再解釈されていること、これがいわばピレンファミリーに通ずるところだと感じた。

特徴的な、ヘッドライトまわり。

DUKE890をベースとしていると思われるものの、鋳型を異にするクランクカバー周辺。このあたりふくめ、まるで市販車のような仕上がりだ。排気量は889.5ccとの発表。

タンク上にはキャリアが備わる。

コクピットの2面スクリーンは、まるでスマホのよう。

オフロードの使用はもちろん想起させる、ステップ周辺の造作。

サイドバック~シートバッグへのつながりは美しい。

当然、21-18インチ。ブレーキ周りもハスクバーナブランドを意匠として取り入れた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ 稲垣 正倫)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します