現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハーレーダビッドソン XL1200N ナイトスター「スポーツスターのお洒落なあいつ」【カメラマン 柴田直行/俺の写真で振り返る平成の名車】第15回(撮影2007年)

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.4

ハーレーダビッドソン XL1200N ナイトスター「スポーツスターのお洒落なあいつ」【カメラマン 柴田直行/俺の写真で振り返る平成の名車】第15回(撮影2007年)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「俺写」連載15回、『ゴーグル』で撮った初期の作品を振り返る
こんにちは、カメラマンの柴田です。

平成時代にゴーグル誌で撮影した思い出の1台を写真とともに紹介するこのコラム。夏に連載が始まり早くも15回目。今回ご覧いただくこのハーレーは2008年モデルのナイトスター。撮影したのは2007年の9月だった。

    4気筒250cc復活!カワサキ「Ninja ZX-25R」を解説!

ビッグツインに比べると保守的だったスポーツスターシリーズ。そこに登場したハーレー純正の本格的メーカー製カスタムであったナイトスター。このチャレンジは後年のアイアンやフォーティエイト、セブンティツーなどのヒットモデルへと繋がった。

もっともナイトスター自体は人気モデルではなかったから、覚えている人も記憶が薄くなっているだろう。しかしこのバイクは今見てもかなりお洒落な1台。その後のダークカスタム系の色使いへと繋がるブラックアウトした車体色や、そこに載せたエンジンのグレーとブラックとポリッシュを組み合わせに感心した。

スリムなフロントフェンダーを持つステーは、後輪を駆動するベルトのカバーとセットでブレットホールのアクセント。フロントフォークにはブーツカバー。さらにスイングアームが逆傾きになるほどに車高は下げられた。質の高いネオレトロは日本でもヒットしそうだが、2007年では少し早過ぎたのかも知れない。

この写真を撮った頃、俺はゴーグル誌の撮影が始まったばかりで、担当の編集さんと阿吽の呼吸はなく「こんな写真、あんな写真」と撮影の度にデュスカッション(口ゲンカとも言う)を繰り返していた。

ゴーグルの本流であるスタイルブックのページは御大ZIGENさんが撮っていて、俺が撮る走りやバイク置きのカットがZIGENさんの写真に負けないようにしたい。バイク雑誌なんだけど、バイク雑誌らしくない。でもバイクが好きな人にちゃんと響き、そこにドラマを感じるような。そんな写真で、ゴーグルを飾りたかった。

ゴーグル誌は毎号、撮影の段階でページへのビジョンがしっかりある。それに沿って編集さんにリードしてもらいつつ、時には自分がアイディアを出しながらイメージを写真にしてゆく。そうして創っていくのは、平成時代も令和の今も本当に楽しい仕事だ。

この写真はライダーが写っていないからこそ、読者自身が写真に入り込みやすい仕掛けになっている。あなたが暖簾の下のナイトスターに跨って走り出すイメージに耽ったり、オーナー気分になって眺めたり。そんな風に楽しんでくれたら俺としては最高。

このナイトスターの写真は、そんな当時の自分の心を思い出させてくれる1枚だ。

写真・文:柴田直行

[ アルバム : 今回の写真を全部見る!(本編未掲載作品もあり) はオリジナルサイトでご覧ください ]

柴田直行/プロフィール
柴田直行 しばたなおゆき
1963年3月生まれ
横浜市在住
 
オートバイとライダーをカッコ良く撮るのを生業にしているカメラマンです。
ホンダVT250Fが発売になった1982年(19歳の頃)にオートバイブームに乗じて雑誌編集部にバイトで潜入。
スズキGSX-R750発売の翌年1986年に取材のため渡米。
デイトナでヤマハFZ750+ローソンの優勝に痺れてアメリカ大好きに。
ホンダCRM250R発売の1994年に仲間とモトクロス専門誌を創刊して、米国系オフロードにどっぷり。
カワサキニンジャ250が発表された2007年から、ゴーグル誌でも撮影を担当し現在に至る。
オンでもオフでも、レースでもツーリングでもオートバイライフが全部好き。

Instagramはこちら
柴田直行 公式サイト
【カメラマン 柴田直行/俺の写真で振り返る平成の名車】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ 柴田直行)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • gnh*****|2019/11/04 22:53

    違反報告

    ちょうどこの頃のXL883に乗ってたけど、山道でセローにぶち抜かれて一気に冷めて手放してしまった。バイクは速さだけじゃない。バイクに合わせた走り方ができてこそ一人前かなと思える今だからこそ、売ってしまったことを後悔
  • rnn*****|2019/11/04 21:25

    違反報告

    子供の頃、ハーレー好きだったが、齢半世紀を過ぎてリターンした今、ハーレーの良さが、さっぱりわからん

    バイクは、インラインマルチの集合管が一番!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します