現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【EICMA 2019速報!】トレーサーシリーズの新世代モデルが登場! ヤマハ「TRACER 700」はこれだ!

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.4

【EICMA 2019速報!】トレーサーシリーズの新世代モデルが登場! ヤマハ「TRACER 700」はこれだ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インパクト十分のフェイスリフト。900もこうなる?
イタリア・ミラノでいよいよ開幕を迎えるEICMA 2019ですが、その開幕より一足先に、ヤマハが続々とニューモデルを発表しています! まず最初にご紹介するのはトレーサー700。言わずと知れた、MT-07の兄弟モデルで、日本での発売が期待されているモデルです。

2020年モデルは従来型をブラッシュアップした正常進化版。なのですが、さすがはデザインのヤマハ、インパクトあるフロントマスクを採用して、イメージを大幅に変えてきました!

    4気筒250cc復活!カワサキ「Ninja ZX-25R」を解説!

まるでR1のようなLEDヘッドライトを採用。ウインカーも細身のLEDとして、新しさと精悍さを高めています。このマスク、今後、兄貴分の900にもひょっとしたら採用されるかもしれませんね!

メーターは大型カラーTFTに一新。必要な情報が一見してわかる優れたレイアウトです。ギアポジションインジケーターも備えるなど、機能面も充実しています。

シートは肉厚でロングツーリングも快適そうなダブルシート。さりげなく入ったダブルステッチが高級感を高め、他のミドルツアラーとは一線を画しています。

エンジンと足回りも進化。日本でも発売して欲しい!
MT-07譲りのパラレルツイン、おなじみのCP2エンジンは踏襲しますが、今回は吸排気系やトランスミッションなどの熟成が図られており、従来型よりもレスポンスが向上しているそうです。

前後の足回りもセッティングが見直されているようで、クラスをリードする軽さと相まって、そのパフォーマンスには大いに期待が持てそう。ぜひ日本でも発売して欲しい1台です。

これから開幕するEICMAですが、現場からどんどんニューモデル情報を更新していきますのでお楽しみに! そしてさらなる深掘り情報は月刊オートバイ1月号でもお届けしますので、そちらもお楽しみに!

新型トレーサー700の動画もご覧ください!



2020 TRACER 700主要諸元
全長x全幅x全高  2140x840x1290mm
ホイールベース  1460mm
最低地上高    140mm
シート高     835mm
車重       196kg
タンク容量    17L
エンジン形式   水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量     689cc
ボアxストローク 80x68.6mm
圧縮比      11.5:1
最高出力     73.4PS/8750rpm
最大トルク    6.83kg-m/6500rpm
ブレーキ前・後  φ282mmダブルディスク・φ245mmディスク
タイヤサイズ前・後 120/70R17・180/55R17

[ アルバム : 新型トレーサー700の画像、一挙お見せします! はオリジナルサイトでご覧ください ]

PHOTO:YAMAHA MOTOR EUROPE

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ フト松)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します