現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > WAKO’S 4CR LC500がドライバーズタイトル!【スーパーGT選手権 GT500クラス】Rd08 ツインリンクもてぎ

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.4

WAKO’S 4CR LC500がドライバーズタイトル!【スーパーGT選手権 GT500クラス】Rd08 ツインリンクもてぎ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11/2,3に栃木県ツインリンクもてぎで開催されたスーパーGT選手権最終戦のGT500クラスで、予選4番手からスタートしたKeePer TOM'S LC500が優勝。ドライバーズタイトルは2位でゴールしたWAKO'S 4CR LC500の大嶋和也・山下健太が獲得した。

レクサス同士の最終対決
ポールポジションは36号車au TOM'S LC500、2番手にランキング首位の6号車WAKO'S 4CR LC500とレクサス勢のフロントロー。ランキング2位の37号車KeePer TOM'S LC500はセカンドローの4番手で、6号車を逆転できるポジションを維持した。予選ポールがチャンピオン獲得の絶対条件だった23号車MOTUL AUTECH GT-Rは予選3番手、逆転タイトルの可能性は消滅した。

    【東京モーターショー】ダイハツのブースに市販予定のコンパクトSUVがサプライズ出展!

53周の決勝レースがスタート、ポールの36号車レクサスがトップをキープする。2番手スタートの6号車レクサスは23号車GT-Rにパスされるとその後も順位を落とし、オープニングラップを終えると5番手までポジションダウンしてしまう。

4番手からスタートした37号車は6周目に23号車GT-Rを交わし2番手へ。序盤にしてチーム・トムスが1-2フォーメーションを築く。この後トムスのチームプレイがあるのかどうか、2台のレクサスの動向に注目が集まる。

19~20周で各車がルーティンのピットインを行なうと、上位3台は36号車、37号車、6号車のレクサス1-2-3フォーメーション。チャンピオン争いの6号車と37号車は、このままの順位だと6号車のタイトルが確定する。しかしトムスの2台が順位を入れ替えれば37号車の逆転チャンピオンとなる。

果たしてチームオーダーがあったのか定かではないが、32周目に37号車レクサスが36号車をパス、トップに立った。6号車レクサスがこのまま3位で終われば37号車がタイトル獲得となる。レースはこの後36号車レクサスが6号車を巧みにブロック、そして37号車は独走態勢となる。

しかしついに39周目、2台のレクサスは接触しながらのバトルの末、6号車が36号車の前に立つことに成功。状況は一転して6号車のタイトル獲得へと大きく変化する。

53周のレース、トップチェッカーを受けたのは37号車KeePer TOM'S LC500だが、年間チャンピオンは2位でゴールした6号車WAKO'S 4CR LC500の2人のものに。アンカー山下健太を、自らボードを掲げて迎える大嶋和也。チーム・ルマンのタイトル獲得は2002年にまで遡る。当時の車両はスープラ、そして飯田章と組んだドライバーは、他ならぬ、現在はチームを率いる脇阪寿一の手によるものであった。

3位表彰台には36号車au TOM'S LC500が、ドライバーの中嶋一貴、関口雄飛がチャンピオンの2人を手荒く祝福する。37号車の平川亮、ニック・キャシディは勝利しながらもその表情は堅かったが、2度目のチームタイトルをLEXUS TEAM KeePer TOM'Sにもたらした。
(PHOTO:井上雅行)

スーパーGT選手権 GT500クラス 第8戦決勝結果(ポイント獲得者)
1位 37号車 KeePer TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)
2位 6号車 WAKO'S 4CR LC500(大嶋和也/山下健太)
3位 36号車 au TOM'S LC500(中嶋一貴/関口雄飛)
4位 38号車 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)
5位 17号車 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)
6位 1号車 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)
7位 19号車 WedsSport ADVAN LC500(国本雄資/坪井翔)
8位 23号車 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)
9位 16号車 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐)
10位 24号車 リアライズコーポレーションADVAN GT-R(高星明誠/ヤン・マーデンボロー)

2019スーパーGT GT500クラス ドライバーランキング(上位10組)
1位 85pt 大嶋和也/山下健太(6号車)
2位 83pt 平川亮/ニック・キャシディ(37号車)
3位 52.5pt 松田次生/ロニー・クインタレッリ(23号車)
4位 46.5pt 立川祐路/石浦宏明(38号車)
5位 44pt ヘイキ・コバライネン/中山雄一(39号車)
6位 39pt 塚越広大/ベルトラン・バゲット(17号車)
7位 38pt 中嶋一貴/関口雄飛(36号車)
8位 37pt 山本尚貴/ジェンソン・バトン(1号車)
9位 36pt 平手晃平/フレデリック・マコヴィッキ(3号車)
10位 31pt 野尻智紀/伊沢拓也(8号車)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します