現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れるとどうなる? 間違えて軽油を入れたときの対処法とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.31

ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れるとどうなる? 間違えて軽油を入れたときの対処法とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■「ハイオクガソリン」と「レギュラーガソリン」は何が違う?

 多くのクルマの燃料であるガソリンには、「ハイオク」と「レギュラー」があります。「ハイオクだから高性能」「レギュラーだから維持費が安い」といったことを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

    【写真】衝撃! 2万kmオイル交換せず破損したエンジン内部

「ハイオク」と「レギュラー」は何が違うのでしょうか。また、ハイオク仕様のクルマにレギュラーガソリンを入れても大丈夫なのでしょうか。

「ハイオク」というのは、「レギュラー」に対してオクタン価が高く設定されたガソリンのことで、正式名称は「ハイオクタンガソリン」といいます。オクタン価が高いということは、高い圧縮比でも圧縮熱で発火しないということです。

 クルマのエンジンは、燃料(ガソリン)を気化させて空気と混合させたものをスパークプラグで着火し、燃焼(爆発)させることで、ピストンを動かして駆動力を生み出す仕組みになっています。

 ハイパワーや低燃費を生み出すために設計されたエンジンは、高い圧縮比で大きなパワーを得ようとしているのですが、これが低い圧縮比でも燃えてしまうと爆発力が弱まり、パワーが出ません。

 また、勝手に燃えてしまうとノッキング(振動や音が出る状態)が発生し、エンジンを痛める原因にもなります。

 そのため、高性能なエンジンは、高い圧縮比で適正に燃焼するハイオク指定になり、ハイパワーなどを求めないエンジンは、圧縮比が高くなくても燃焼するレギュラーガソリンを使う仕様になっているのです。

 ハイオク仕様のクルマにレギュラーガソリンを入れても、エンジンが壊れることはありません。それはノッキングを感知し未然に防ぐ「ノッキングセンサー」が、ほとんどのクルマに搭載されているためです。

「ノッキングセンサー」とは、ハイオク仕様にレギュラーガソリンを入れたときに、ノッキングが発生しそうだったり、ノッキングが発生した状態を感知し、「オクタン価が低い=圧縮比が下がった状態でも燃焼」できるように補正してくれるというものです。

 本来発揮できるパワーはダウンしますが、ノッキングを防いでエンジンが壊れないように制御してくれるわけです。

 なお、輸入車の多くはハイオク仕様になっています。これは、欧州・アメリカと日本とでは、ガソリンに含まれるオクタン価が違うためです。日本のレギュラーガソリンではオクタン価が不足していることから、多くの輸入車ではハイオクガソリンを使うのだそうです。

 では、逆にレギュラー仕様にハイオクガソリンを入れると、エンジンの性能はアップするのでしょうか。

 結論からいえば、ほとんど変わりはありません。ひと昔前は性能が微妙に向上するケースもありましたが、現在はほとんど変わらないようです。

 なお、ハイオクガソリンにはエンジン内やタンク内を洗浄する成分なども含まれているため、エンジン内をきれいにする目的でハイオクガソリンをたまに入れる人もいるといいます。

 指定されたガソリンと違う油種を給油することについて、整備士は次のように説明します。

「ハイオク仕様でもレギュラー仕様でも、どちらのガソリンを入れても現状では問題が起きる可能性は低いといえます。ただ、圧縮比までを考慮して設計されたエンジンなだけに、できれば指定のガソリンを使用した方がきちんと性能を発揮できると思います」

■ガソリン車に「軽油」を入れたらどうなる?

 ハイオクとレギュラーは、指定のガソリンを入れる方が好ましいということがわかりましたが、ガソリンエンジン搭載車に軽油を入れてしまった場合はどうなるのでしょうか。

 前出の整備士は、次のように話します。

「ガソリン車に軽油を給油すると壊れる可能性が高いです。ガソリンと軽油では性能や特性が違うからです。

 たとえば、圧縮比が異なります。ガソリンは常温でも燃えやすい性質を持っているので、それほど高い圧縮比でなくても発火プラグを活用して燃焼させていますが、軽油は高温高圧にすることで自然着火する特性を持っています。それくらい燃焼温度と圧縮率が違う、まったく別の燃料なのです。

 ガソリンと軽油を入れ間違えてしまうと、異音や振動などのノッキングが発生し、黒煙(不完全燃焼状態の燃えカス)が大量に出て、エンジンを大きく痛めるかエンジンブローしてしまいます」

 ガソリンと軽油はどちらも同じ石油から精製されるのですが、ガソリン車に軽油を、ディーゼル車にガソリンを絶対に入れてはいけません。

 もし間違って給油してしまった場合は、速やかにエンジンを止めて、ガソリンスタンドなどでタンク内の燃料を抜いてもらう必要があります。

※ ※ ※

「軽自動車」だから「軽油」を給油するものと勘違いして、クルマをダメにしてしまうケースがあるといいます。最近は「セルフ式ガソリンスタンド」が増えているので、ついうっかり間違えることがあるようです。

 自分で所有するクルマであれば油種は把握しているものですが、他人のクルマやレンタカーなど、乗り慣れていないクルマに給油する際は、どの燃料を給油すべきなのかを再確認して、正しい燃料を給油するようにしましょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュースライター 金田ケイスケ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します