現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ベンツ&ボルボ認定中古車店を直撃!!】 狙いは「高年式」中古車!? 輸入車をオトクに買う 虎の巻

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.31

【ベンツ&ボルボ認定中古車店を直撃!!】 狙いは「高年式」中古車!? 輸入車をオトクに買う 虎の巻

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 輸入車のなかでも根強い人気を誇るメルセデスベンツやボルボ。「でも輸入車なんて高嶺の花なぁ…(しかも増税だし)」なって考えているあなたにオススメしたいのが、「高年式」の輸入中古車だ。

 ここでは、ベンツ・ボルボ認定中古車店への直撃取材を中心に、憧れの一台をお得に手にする方法を伝授! BMW、VWなど、狙い目のクルマたちもご紹介!!!

    【ついに生産終了!! やはり高騰しているのか?】エスティマ中古車相場最前線情報

●【画像ギャラリー】ボルボ、ベンツ以外にも!オススメの輸入中古車たちをギャラリーでチェック!

※本稿は2019年9月のものです。記事中の表記は、※1:初年登録から4年間 ※2:初年度月登録から適用 ※3:納車日より適用 ※4:初回車検まで有効 を表します。在庫と価格はすべて取材時のものです。価格は消費税8%を含みます 
文:大音 安弘/写真:ベストカー編集部/取材協力:ヤナセブランドスクエア横浜、ボルボセレクト東名横浜
初出:『ベストカー』 2019年10月26日号

■まずは輸入車の中古市場状況を知る。お得に買う方法、メリットはこれ!

 今回、ターゲットにするのは、初年度登録から1年以内を目安とした輸入中古車だ。見た目は内外装ともに新車同様。走行距離は、数千km以下。なかには数十kmなんてクルマまである。しかも価格は、ぐっと身近となる。

 ほんの一例だが、50km走行のVWゴルフコンフォートラインテックED(灰色)は、248万円と新車価格差マイナス55万円。メルセデスベンツC180セダン(紺色)は、350万円と、その差はマイナス105万円まで拡大。

 やはり高価なクルマほどお得感が強い。もちろん、新車でここまで値引くのは、不可能だろう。

今回の取材先のひとつ、「ボルボセレクト東名横浜」には新車同様に仕上げられている認定中古車がズラリと。現在のオススメはV40という

 当然、中古車なのですべて1点ものだが、調べてみると意外とさまざまな仕様が存在する。やはり人気グレードが中心となるが、運がよければ、スポーツモデルや上級モデルなどの希少車に出会うこともできるのだ。

 またオプション装着車は、その分を価格に上乗せしているが、新車よりもぎゅっと圧縮されるので、かなりお得といえる。

 車検が残っているクルマたちなので、短期間での納車も可能。欲しい時にすぐ手に入るのも嬉しいところだ。

■ボルボV40 D4 モメンタム(2019モデル・266万円)

2018年12月登録/4200km/車検2021年12月/2.0L DT/新車保証継承(※4)/アマゾンブルーM/HDDナビ、Fシートヒーター、PCCキーレスドライブ

●ディーラー直営の中古車店では車両の履歴も品質も明確

 ただオススメする最大のメリットは、「新車保証の継承」にある。

 近年、故障の少なくなった輸入車ではあるが、機械である以上、その可能性を消すことはできない。特に、先進機能に代表されるように高性能な部品も多く、場合によっては多額の修理費となることも……。

 それが1年以内の中古車なら、保証の恩恵をより長く受けられるのである。

 さて、気になるのは、これら登録1年以内の中古車の“出所”だろう。多くは新車ディーラーが、展示車や試乗車として使ったものを中古車として放出したもの。

 このためディーラー直営の中古車店であることが多い。自社の管理車両なので、履歴も品質も明確。このほか新車を登録しただけの登録済み未使用車もある。

 以前は、数多く見られたが、昨今は減少傾向にあり、マイナーチェンジやフルモデルチェンジのタイミングで発生するものが中心だ。

 その一例が、従来型が最後のFRとなったBMW1シリーズで、展示車上がりや登録済み未使用車が今、まさに狙いめだ。

■メルセデスベンツ CLA220 4マチック クーペ(397万円)

2019年2月登録/5000km/車検2022年2月/2.0L T/メーカー新車保証継承+ヤナセ1年保証(※1)/コスモスブラック/ナビ、SR、レーダーセーフティ&プレミアムパッケージ

●新車との価格差を見極める。中古車のメリットはあるか!?

 一方で、注意すべきこともある。まず新車との価格差だ。価格の安いモデルや人気車など車種によっては、中古車のメリットが薄いものもある。それなら多少予算が増えても新車を自由に選んだほうが満足感は高いだろう。

 また希望の車種に出会えても、しっかりと装備を確認する必要がある。これはグレードより標準及びオプションが異なるため。

 自身のマストアイテムが、非装着のケースも考えられるのだ。さらに、延長保証制度(有償)など付帯サービスが、新車と一部異なることもあるので、担当者に疑問点をぶつけ、解消しておくことがマストとなる。

■2店舗を取材。新車保証が付き、新車同様の仕上げも!

 購入時のヒントを探し、認定中古車店を取材した。お邪魔したのは、メルセデスベンツを中心に扱う「ヤナセブランドスクエア横浜」と、ボルボ認定中古車店「ボルボセレクト東名横浜」、神奈川県にある2店舗だ。

 メルセデスベンツを中心にさまざまなブランドの正規ディーラーを展開するヤナセのブランドスクエアは、世界トップメーカーの輸入中古車を扱う。

 仕入れは同社の新車ディーラーから厳選したクルマが中心で、特にメルセデスの車両が豊富。AクラスからAMGまで幅広く取り揃える。

 ブランドスクエアの特徴はメーカー新車保証に加え、ヤナセ保証が付帯される車両があること。特にメルセデスベンツは手厚く、車両によって初年度登録から最長5年までカバーするほどだ。

ヤナセブランドスクエア横浜。良質の認定中古車はどれもいい!

 展示車を見ていくと、人気オプションや豪華仕様のものを続々と発見。これもヤナセの長年の経験が為せる業か。今は、従来型Bクラスが売れているという。人気のCLAは新型が大型化したことで、中古車ニーズが高いそう。定番のCクラスも在庫豊富だ。

●新車に近い満足感も!

 お次のボルボ。認定中古車の場合、登録から半年以内、または1万km以下の車両は、もし内外装にダメージがあれば、原則的にすべて直すという。

 つまり新車同様に、仕上げられているわけだ。もちろん3年間の新車保証が継承できるうえ、最長5年までの延長保証にも加入可。

 ただ、加入費用は新車よりは若干割高に。もちろん充分お得な内容だという。

 今のオススメは新車の販売が終了したV40と、V40のクロスカントリー・クリーンディーゼルモデル。デモカーアップなどが多数あり、今ならグレードや色も選びやすい。

■ボルボ V40 クロスカントリー ダイナミックエディション(2019モデル・299万円)

2019年2月登録/1700km/車検2022年2月/2.0DT/新車保証継承(※4)/ブラック/HDDナビ/D4モメンタムをベースに、専用内外装を与えた特別仕様車

 また先代のV60クリーンディーゼル車も1年落ちの程度のいいものが見つかるという。

 担当者は「気に入った仕様に出会えれば、中古車でも新車に近い満足感が得られるはず」と語る。

●予算と目的を定めて、店舗担当者に相談するのが近道

 どちらの店舗でも共通しているのが豊富な在庫。

 これは改良頻度の高まりや車種が増えたこと、デモカーの鮮度も重視されるようになったからだろう。このため、在庫の入れ替わりも早い。

 実際、人気仕様は店頭に並ぶ前に売れてしまうことも、しばしばという。

 予算や仕様なり、目的を定め、店舗担当者に相談するのが近道のようだ。ヤナセの担当者からは「必ず現車確認を」とアドバイスをもらった。

 一般中古車店のほうが安価な傾向にあるが、新車保証継承を含めたサポート体制がある、車両の吟味をお忘れなく。

 すべてが成功すれば、憧れの輸入車を納得価格で手にすることができるだろう。

●【画像ギャラリー】ボルボ、ベンツ以外にも!オススメの輸入中古車たちをギャラリーでチェック!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します