現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > つま先立ちから卒業できるローダウンシートが、早くもKLX230に対応

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.27

つま先立ちから卒業できるローダウンシートが、早くもKLX230に対応

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本国内でもついに販売が開始されたKLX230の、ローダウンシートが早くも登場。本格ファンライドマシンとして登場したKLX230は足付き性が230という排気量で想像されるほど低くはない。それだけに、オフロード性能やポジションの自由度を高めたモデルなのだが、なにぶん足付きはビギナーにとって「敷居」ともいうべき重要なポイントだ。

Rikizoh
トレッキングシートEX Kawasaki KLX230

部品番号:PC-77200X
価格:¥29,800(税抜)
カラー:ブラック(ノーマル表皮使用)

    カワサキが完全新型250cc「Ninja ZX-25R」を発表!

ノーマルシート高(895mm)から約40mmダウンし、内股も座り心地を考慮した形状になっている。ダートでの走行テストを重ねて、公道でもコースでもライディングの妨げにならないように加工を施している。さらに、ノーマルシートの座り心地に近づけるために、削り落としたウレタン材の表面に特殊なウレタン材を圧着。

Rikizoh
トレッキングシートEX加工

部品番号:PC-77200XK
価格:¥16,000(税抜)
対象:Kawasaki KLX230

自分の持っているシートに加工をしてほしいという人には、「トレッキングシートEX加工」のプランもある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ 渡邊匠)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fre*****|2019/10/27 10:29

    違反報告

    過去にKLX250に乗ってたとき、前後の荷重移動をしやすくするために敢えて50mm盛って"くびれ"をなくして前から後ろまでフラットにしたことがある。もともと足ツンツンだったけど、そりゃもう恐ろしい位ツンツン度が増した。でも、信号待ちとかは腰をずらして脚を着けば何て事なかった。

    普通に乗りたい人にはこの類いのシートは人気有りそう。楽しさを経験してから、自分の好みに変えていくのもアリでしょう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します