現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 未来のパジェロ・ジュニアはこうなる!? 三菱MI-TECHコンセプト登場!

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.24

未来のパジェロ・ジュニアはこうなる!? 三菱MI-TECHコンセプト登場!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京モーターショー2019(10月24日より一般公開開始)の三菱自動車(以下、三菱)ブースの目玉は、PHV(プラグ・イン・ハイブリッド)SUVの「MI-TECHコンセプト」だ。ガスタービンエンジン+モーターの新しいPHVシステムを搭載しているのが大きな特徴だ。

MI-TECHコンセプトのスタイリングのポイントは、大きなフェンダーとタイヤ。フロントマスクは、三菱独自の“ダイナミック・シールド・デザイン”の発展版である。

    パジェロ+ランエボ=エンゲルベルグツアラー、日本上陸!

ボディカラーはライトブルーメタリック。モーターコイルをモチーフとしたカッパー(銅)の差し色を、グリルやアルミ・ホイール内部、インテリアにあしらっている。大径のタイヤはファルケン製。フロント・グリルやアルミ・ホイール内部などには、ローズゴールド(あるいは電気だったら通電性が高い無酸素銅?)のアクセントも入る。

「MI-TECHコンセプトは、新しいデザイン戦略に基づき、独自のアイデンティティを盛り込んでデザインしました。ロバスト(力強い)かつフレンドリーなイメージを持ってもらえるように」と、デザイン本部長の國本恒博氏は述べる。

MI-TECHコンセプトとならぶ三菱自動車デザイン本部長の國本恒博氏。あらゆる燃料が使用可能エクステリアとおなじぐらい、ドライブトレインのコンセプトもユニークだ。駆動方式は三菱独自の4モーター方式の4WD。4輪すべてに最適な駆動力を伝えられるため、オフロードで片側のタイヤが空転するような場合も、難なく走破出来るという。さらに、左右のタイヤをそれぞれ別方向に回転出来るため、その場で180度転回することも出来るそうだ。

運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」は、光センサーによる路面センシング機能を搭載。路面状況をウィンドシールドに表示する。

水平基調のインパネはシンプル。車両情報などはフロントウィンドウに表示される。ステアリング・ホイールは、オーディオ・コントローラー付き。セレクターレバーのうしろに、インフォテインメント用スウィッチを装着。メーターパネルはフルデジタル。シートはバケットタイプ。MI-TECHのパワーユニットは、発電用ガソリン/ディーゼル・エンジンのかわりに、ガスタービン・エンジンが搭載される。

メリットとして、三菱の加藤隆雄代表執行役CEOは、記者発表の席上で「ガソリン、軽油、灯油、アルコールとさまざまな燃料に対応できる」と、述べた。ただし、ガスタービン・エンジンがどこまで現実的かについては明言を避けた。

MI-TECHコンセプトのリアまわりには、タービンをイメージした装飾が並ぶ。1963年にクライスラーが手がけたガスタービン・エンジン搭載モデル「ターバイン」を連想させて、興味ぶかかった。もし実用化されたらクルマの歴史を、大きく変えるかもしれない。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 小川フミオ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します