現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今度のフィットはあらゆる人に“ジャストフィット”!? 新型フィット登場

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.24

今度のフィットはあらゆる人に“ジャストフィット”!? 新型フィット登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダがついに新型「フィット」を世界初公開した。電動パーキングブレーキの不具合で販売開始が延期されたのは、新聞などで伝えられていたが、今回、東京モーターショー2019(10月24日一般公開開始)で、満を持して発表された。

押すな押すなの大人数の報道陣をまえにベールを脱いだ新型フィットは、これまでとおなじく4枚のドアを持ったハッチバックだ。いわゆる”かたまり感”の強いボディデザインで、LEDの半円形ポジションランプを組み込んだヘッドランプと大きめのバンパーに、ややアグレッシブな印象を受ける。

    東京モーターショーで1番アツいブース!? スーパーカーが日本を盛り上げる!

いわゆる”かたまり感”の強いボディデザイン。フロントピラーは、現行モデルと異なる断面構造を新たに採用。万が一の衝突時に、ボディーに荷重を流し安全性を高めるという。アルミホイールは一部ブラック。東京モーターショー2019を新型フィット発表の舞台に選んだのは、本田技研工業の八郷隆弘代表取締役社長によれば、「(日本が)コンパクトで使い勝手のいいクルマが高く評価される国だから」。

展示されたフィットはプロトタイプ。開発を指揮した田中健樹氏(オートモービルセンター 商品企画室 LPL 主任研究員)は、「ボディサイズもホイールベースも現行モデルとだいたいおなじです。価格も競合がいろいろあるので、そう高価には出来ません」と、話した。

開発を指揮した田中健樹氏(オートモービルセンター 商品企画室 LPL 主任研究員)。「取り回しのよさを追求したコンパクトなボディサイズは、これまでとおなじく居住性も良好です。開発にあたって、世界各地のユーザーを調査しましたが“(室内が)せまい”といった声は聞こえませんでした。したがって、あえて大型化しませんでした」

2モーターのハイブリッド・システムを搭載フィットで注目すべきは、ハイブリッドのパワートレインが刷新される点だ。これまでの1モーターから2モーターに変わる。コンパクトなノーズに、パワートレインがすべて収まり、さらに補助の12ボルトバッテリーや冷却装置なども収まるという。エンジニアは、レイアウトに相当苦労したはずだ。

ガソリン・エンジン・モデルも同時に販売を予定するが、日本市場では、ハイブリッドをメインに販売していきたいという。

搭載する2モーターのハイブリッド・システムは、ホンダのコンパクトカー初。トランスミッションの詳細は不明。電動パーキングブレーキを新採用。エクステリアはまっとうで、奇をてらったところがない。べつの言い方をすればロジカルにまとまっている。比較的長めの前後長をもったルーフをはじめ、居住性を意識したデザインだ。細部を見ると、LEDのポジションランプを使っているのが、このクラスとしては例外的だ。

「デザインは、“冒険”していないように感じられるかもしれません。それは、幅広い年齢層のユーザーを考え、スタイリングを決めていったからでしょう」と、田中氏は話す。幅広い年齢層が運転するため、“視界がなにより大事”と考えた結果、Aピラーを細くし、三角窓を設けるなど、ウィンドシールドまわりはミニバンのようなデザインになっている。

インパネは水平・直線基調のデザイン。車内からフロント・ワイパーを見えにくくする工夫もしているという。フロントシートは、身体をしっかり保持する「面支持構造」を採用。リアシートは、上級セダン並みの快適な乗り心地を実現したとうたう。現行モデルとおなじく、リアシートの座面を跳ね上げると収納スペースが出現する。リアシートのバックレストは分割可倒式。ラゲッジルームのフロア下は、わずかではあるものの収納スペース付き。操舵支援系スウィッチ付きのステアリング・ホイール。5つの仕様を設定ユニークなのは、5つの仕様設定だ。「BASIC」にはじまり「HOME」「CROSSTAR」「LUXE」「NESS」といったぐあいで、内・外装のカラースキームやパーツなどが異なる。5つの仕様を設定した背景について、「ライフスタイルに合わせて、好みのフィットを選べるようにしたいと思ったからです」とのこと。

ちなみに、NESSはなにをあらわすのでしょうか? と、田中氏に訊ねると、「フィットとFITNESS(フィットネス)をかけた洒落です(笑)。スポーツをしている人をイメージし、仕立てました」とのことだった。

SUV風のCROSSTAR(クロスター)。インテリアには、汚れなどに強い素材を使う。専用デザインの16インチアルミホイールや本革シートが特徴のLUXE(リュクス)。本革シートのカラーは2トーン。「フィットネススポーツのような、軽快でファッショナブルなタイプ」と、うたうNESS(ネス)。CROSSTARやLUXEのもとになるBASIC(ベーシック)。先進安全技術も拡充した。フロント・ワイドビュー・カメラとセンサーを組み合わせた衝突軽減ブレーキやACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)などを搭載する。また、車載通信モジュール「ホンダコネクト」も搭載予定。ホンダコネクト搭載モデルの場合、車外から、スマートフォンやタブレット端末を使い、エアコンやカーナビゲーションなどが操作出来るという。

新型フィットの日本販売開始は、2020年2月を予定する。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 小川フミオ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hgu*****|2019/10/24 20:44

    違反報告

    内装のしゃれおつ未来感は好きだが、外装デザインは好き嫌いが分かれる
  • nik*****|2019/10/24 20:00

    違反報告

    四駆のMT車が必要なあたしにはどうやってもフィットしませんが。本当なら、エンジンもガソリンのハイブリッドよりディーゼルが良く、ホンダには欧州・アジア向けに開発した1.5~1.6Lクラスの優秀なディーゼルがあるのに、それをもはやお蔵入りさせようとしている愚策。日本に導入しようぜ。フィットにもいいが、できればステップワゴンの1.5Lガソリンターボを置き換えで。
  • z32*****|2019/10/24 20:45

    違反報告

    デザインの端々に欧州M・B・Aのエッセンスが見て取れるのは気のせいかな。
    それにしてもコンパクト・カーも随分立派になりましたね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します