現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱は、2台のコンセプトカーを世界初披露! 軽コンセプトはekスペースの次期型か【東京モーターショー2019】

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.23

三菱は、2台のコンセプトカーを世界初披露! 軽コンセプトはekスペースの次期型か【東京モーターショー2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さらに、アウトランダーPHEVやエクリプス クロス、デリカD:5などの国内で販売されている人気モデルも展示している。

MI-TECH CONCEPT

    『The Power of Dreams』ミュージックビデオはこちら(※ホンダ特設サイト)

軽量・小型化した新しいプラグインハイブリッドEV(PHEV)システム、4モーター方式の電動4WDシステム、先進の運転支援技術と予防安全技術をスモールサイズのSUVに凝縮したコンセプトカーが「MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)」。

コンセプトは、“光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV”。

車の電動化は全世界共通のテーマであり、三菱はアウトランダーPHEVをいち早く登場させているが、コンパクトSUVでもそれを打ち出した形になる。

その特徴は大きく3つある。

(1)PHEVシステム PHEVのシステムをスモールサイズSUVに搭載するため、発電用エンジンをガソリンエンジンからガスタービンエンジンにして、軽量・小型化が図られている。EV走行モードおよびシリーズ走行モードによって、電動車ならではの滑らかで力強い走りを実現している。

(2)電動4WDシステム【Quad motor(クアッドモーター) 4WDシステム】 2年前の東京モーターショーで三菱が発表した「デュアルモーターAYC」(2つのモーターで左右の駆動配分を行うシステム)を前輪と後輪に搭載。四輪すべてに最適な駆動力を伝える4モーター方式の電動4WDシステムを搭載。日常では安心・安全な思いどおりの操縦性を実現し、オフロードでは圧倒的な走破性を発揮できるように。

(3)先進の運転支援技術および予防安全技術 先進の光センサーを用いたセンシング技術により検知した、様々な情報をフロントのARウインドウシールドに映し出すヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)を搭載。ドライバーに的確な注意喚起を行うとともに、ステアリングおよびブレーキ操作をサポートする運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」、衝突被害を回避または軽減する予防安全技術により、ドライバーに安心・安全、運転する歓びを提供する。

また三菱ブースでは、コンセプトカーを様々な角度や距離から見ることができるVR展示も行われる。テーブル上に映し出されるコンセプトカーを説明する映像は回転、拡大、縮小、シーンの切り替えなどが可能。

VRならではの演出を俯瞰視点で体験できる他、回り込んだり、のぞき込んだり、下から見上げたりと、自由に移動したり、アングルを変更しながらMI-TECH CONCEPTの世界観を体感できる。

SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)

日産との折半出資で設立したNMKVで、軽自動車を開発している三菱。今年3月に登場した、三菱 eKワゴンとeKクロスは日産 デイズとの兄弟車になる。

そんな三菱が、新世代のスーパーハイト軽ワゴンのコンセプトモデルを世界初公開。そのコンセプトは「いろいろなところに行ってみたい、もっと遠くまで行ってみたい」というドライバーの気持ちに応える軽自動車だ。

スーパーハイト軽ワゴンならではの広々とした居住空間を実現し、同カテゴリーに求められる性能と機能を盛り込みながら、三菱自動車らしいSUVテイストのデザインを実現。eKクロスに通じるデザインコンセプトだ。

居住空間を最大化させながら、キビキビと小気味よい走りを実現し、また、高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」や、衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストなど「サポカーSワイド」に該当する予防安全技術を採用することで、ドライバーの負担を軽減。乗る人すべてに安心・安全を提供する。

このモデルは本年度内の発表が予定されている。

MITSUBISHI ENGELBERG TOURER

ツインモーター4WD方式のプラグインハイブリッドEV(PHEV)システムを搭載した、ミッドサイズの新世代クロスオーバーSUVのコンセプトカー「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシエンゲルベルクツアラー)」を日本初公開。

MITSUBISHI ENGELBERG TOURERは、どんな気象条件や路面状況でもドライバーが自信をもってドライブできる高い走行性能と、PHEVならではの長い航続距離が特長。

PHEVシステムを構成する様々なコンポーネントを搭載しながら、3列シートによる多人数乗車を可能とするパッケージングにより、SUVとしての魅力をいっそう高めている。

電動DRIVE HOUSE

三菱は、電動車、V2H充放電機器、太陽光パネル、家庭用蓄電池などで構成するVehicle to Home(V2H)システムをパッケージ化。販売・設置からアフターメンテナンスまでをワンストップ化したサービスである「電動DRIVE HOUSE」の販売を開始した。

三菱ブースで、プラグインハイブリッドEVであるアウトランダーPHEVとともに展示。

太陽光発電による電動車への充電や、電動車から家庭への電力供給という流れをビジュアル化し、電気代の節約や緊急時の非常用電源としての利便性など、様々なメリットを提案している。

アウトランダーPHEV

アウトランダーPHEVは、2018年8月のマイナーチェンジで駆動用バッテリー容量を増大。EV走行の航続距離が57.6km(WLTCモード)になった。

2019年9月の一部改良で、510Wのパワーアンプと8個のスピーカーシステムが組み込まれた臨場感あふれる「ミツビシパワーサウンドシステム」や、「Android Auto」「Apple CarPlay」がコントロール可能な「スマートフォン連携ナビゲーション」を搭載。

デリカD:5

3列シートを備えるミニバンに、タフな4WDシステムや高剛性により高い操縦安定性をもたらすリブボーンフレームを採用し、独自路線を貫くデリカD:5。

最新モデルは、三菱のデザインコンセプト“ダイナミックシールド”を採用した精悍なスタイルに。エンジンは、2.2Lディーゼルターボのみの展開となる。

RVR

コンパクトなクロスオーバーモデルとして、独自路線を走るRVR。

2019年8月の一部改良で、エクステリアのダイナミックシールドを進化させるとともに、テールランプのデザインなども変更。安全かつ快適なドライブをサポートする予防安全技術“e-Assist”に、前進時の誤発進 抑制機能が追加された。

エクリプス クロス

2018年3月にデビューしたエクリプス クロス。当初は1.5L直噴ガソリンターボエンジンのみだったが、2019年6月に、2.2Lのクリーンディーゼルターボを追加。

直噴ガソリンターボには8速スポーツモード付きのCVT、ディーゼルターボには8速ATが組み合わされる。

eKクロス

eKワゴンのカスタムモデルにあたる存在になるeKクロスは、SUVテイストを盛り込んでアクティブな雰囲気に。三菱のデザインアイデンティティ、“ダイナミックシールド”を大胆に取り入れたフロントマスクが印象的。

高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」が、GとTにパッケージオプション設定されている。

文/高橋 満(BRIDGE MAN)、写真/尾形和美

モーターショーの関連記事はこちら

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(カーセンサー )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します