現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レガシィ30周年を歴代レガシィに乗って考える(前編)

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初代から5代目までのスバル「レガシィ」5台のうちの2台と、現行「レヴォーグ」を乗り換えつつ、1泊2日でおよそ600km走るという、スバリスト感涙のプレス向けイベントが2019年9月上旬に開かれた。

なぜこのタイミングだったかといえば、1989年に発売されたレガシィが30周年を迎えたのと、来たる10月24日(木)に開幕する東京モーターショーで新型「レヴォーグ」が発表されるからだ。

    アウディのフラグシップの価値とは? A8 55 TSFI クワトロ試乗記

第46回東京モーターショー(東京ビッグサイト周辺/会期:2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝))に展示される新型「レヴォーグ」。事前に入手出来た写真は、メインの1カットのみだ。(GQ JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2019/10/15 21:40

    違反報告

    次期型レヴォーグでMTでも復活させれば、「やるなスバル!」って思えるけど、期待はできない。
  • tos*****|2019/10/15 22:43

    違反報告

    都内でカモフラージュされた次期レヴォーグを見ました。
    フェイクのパーツ等は付いておらず、恐らく素のボディにカモフラシートを貼っただけの車両だと思います。

    インプレッサの時と同じように、コンセプトと大きく差がありガッカリしました。
    正直、モデルチェンジと言うよりマイナーチェンジかよと思わせるデザインでした。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン