現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > GM 全ブランドにアマゾンのAI音声サービス「アレクサ」導入

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.1

GM 全ブランドにアマゾンのAI音声サービス「アレクサ」導入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼネラルモーターズは2019年9月25日、シボレー、ビュイック、GMC、キャデラックの各ブランドに、運転中の利便性を向上させることを目的として、新たに車載用「Alexa(アレクサ)」の導入を2020年上半期に開始すると発表した。

導入背景

    【東京モーターショー2019】メルセデス・ベンツ 「ビジョンEQS」「スマートEQ fortow」出展

2018年以降に販売された4G LTE回線およびGMのソフトウェア更新のための無線通信モジュールを搭載したインフォテインメントシステムを装備している乗用車、トラック、クロスオーバー・モデルで「アレクサ」を利用することができる。

GMの調査によると、顧客の多くが自宅と車内で同じ音声アシスタントサービス(スマート・スピーカー)を利用したいと考えていることがわかったという。GM車の音声サービスにはAlexa Auto SDK(アレクサ・オート・ソフトウエア開発キット)が採用されており、ユーザーはアレクサを利用できる。

また、これによりGMは将来、顧客の各車両に合わせたカスタム機能を作成することも可能になるという。

GMグローバル・コネクテッド・サービス担当副社長のサンティアゴ・チャモロは、「GMのソフトウェア更新対応のアプリケーション・フレームワークおよび車載ネットワーク機能により、すでにGM車を所有しているお客様に対しても、その車両の機能を拡張できる、新たなテクノロジーを提供することができます。我々は常にお客様のご意見に耳を傾け、お客様の望むような音声サービスを提供するべく尽力しており、アレクサの導入もその一例です」と語っている。

アレクサ導入概要

ドライバーは、走行中にハンドルから手を離さず、道路から視線をそらすことなく、「アレクサ!」という音声コマンドを使って、ニュースの確認、自宅の照明や空調といったスマートホーム機器の操作、ネットショッピングでの買い物といった、何万ものアレクサの機能を利用できる。さらに、GMは以下のようなAlexaの拡張機能も実現している。

  • ナビゲーション:アレクサに特定の住所やカーディーラーなどの目的地、あるいは近くのコーヒーショップへの道順を尋ねると、自然言語を用いて互換性のある車載ナビゲーションシステムやOnStar社の「Turn-by-Turnナビゲーション」とシームレスに連動する。
  • メディア:アレクサに特定の曲やアーティスト、音楽ジャンル、放送局、あるいはオーディオブック、ポッドキャストを指定すると、アレクサは利用可能なストリーミング・サービスを通じてその指示を実行する。
  • 電話:ドライバーは電話をBluetooth経由でペアリングし、連絡先をアマゾンと共有することで、アレクサに音声入力で友人や家族に電話を掛けるよう指示することができる。
アマゾンのAlexa Auto担当副社長を務めるネッド・キュリック氏は、「お客様は、すでにご自宅でのアレクサに満足されており、間もなく外出時にもクルマでアレクサを連れて行けるようになります。GMとの提携により、お客様がより便利に、より楽しく、より豊かにつながるよう支援できることを喜ばしく思います」と述べている。

今回からのアレクサの導入は、GMとアマゾンのコラボレーションの成果だ。2018年にGMは「Key by Amazon」を利用した車内配送サービスや、アレクサ向けのコネクテッドカー機能の運用を開始しており、サービス対象の都市で数多くのシボレー、ビュイック、GMC、キャデラックの対応モデルが利用している。2020年からは、フルにアレクサの自然対話型AIが利用できるようになり、新たな車内でのスマートな利便性、快適性を享受することができるのだ。

Amazon Auto 公式サイト

GM 関連記事
GMジャパン 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します