現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バブルが懐かしい… オジサンたちが欲しかった国産車3選

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.21

バブルが懐かしい… オジサンたちが欲しかった国産車3選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■オジサン世代が「憧れた」クルマたちとは

 1980年代は、アメリカの経済が低迷するなか、日本が経済的に世界トップになるほどの成長を見せた時代でした。日銀が円高不況対策として金利を大幅に引き下げた結果、銀行の貸付や不動産投資、証券投資などが過剰なまでに白熱し、バブル景気につながっていきます。

    2019年日本で「レビン」復活か トヨタが新型「カローラ セダン」を世界初公開

 当時は、いかにオシャレなファッションに身を包み、素敵なレストランで食事するか。デートに使われるクルマで女性が男性を選ぶなど、日本中が浮かれまくっていました。そんな時代背景を受けて、コストも手間もかけたクルマが続々と登場しました。

 そしてそのコンセプトは、現在のクルマにもしっかり受け継がれています。今回は、現代でも魅力的で、しかも中古で買える「名車」たちをご紹介します。

●トヨタ初代「ソアラ」

 1980年代は、日本の経済が上昇カーブを描いていた時代でした。がむしゃらに働いてどんどん給料を上げ、高級なモノをバンバン買うという「日本全国総成り上がり」状態です。

 クルマを買う際はまずコンパクトカー、次はセダン、そしていつかは高級車を目指すというのが定番で、若者はどんどん大型化&高級化していくクルマに憧れていました。そして高級志向のクルマは「ハイソカー」と呼ばれていました。

 そんな1980年代初頭に、トヨタ「2000GT」のようなイメージリーダーを念頭に開発され、1981年に登場した高級クーペがトヨタ「ソアラ」です。

 ソアラは当時としては画期的な機能を満載していました。タッチパネル式オートエアコンや、全グレード6気筒のDOHCエンジン(デビュー当時は3リッター/2.8リッター/2リッターのエンジンをラインナップ)を搭載し、トヨタ初の回転数感応式パワーアシスト付きラックアンドピニオンステアリングなども搭載していました。

 これら最新の機能が「ハイソカーの証」として多くの人に注目され、1980年から始まった「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を1981年に受賞するなど、性能や高級感、デザインでも時代の最先端を行くモデルでした。

 そのイメージは、1986年に登場した2代目ソアラへと引き継がれます。スポーツカーとは違うデートカーとしての側面も持ち合わせていたこともあり、2代目も大ヒットモデルに。当時大人気だった漫画「シャコタンブギ」にも登場するなど、少しヤンチャな人にも絶大な人気を誇りました。

●ホンダ「プレリュード」

 今ではすっかり死語の「スペシャリティカー」は、大衆車のコンポーネンツを使用しつつ、スポーティな走りやスタイリッシュなデザインをもつクーペのことです。このスペシャリティカーで高級なレストランや行楽に出かけるのが当時の最新トレンドで、お出かけするときは欠かせない「オシャレアイテム」だったのです。

 そんなスペシャリティカーの代表ともいえるモデルが、ホンダ「プレリュード」です。プレリュードは北米で爆発的なヒットをした「シビック/アコード」と同じエンジンを搭載したクーペとして、1978年に初代がデビューしました。

 1980年に入ると、日本の景気上昇に合わせてクルマに求めるものも変化します。スタイリッシュなクーペであるプレリュードも1982年に2代目へと進化します。

 リトラクタブルヘッドライトを採用した近未来的なルックスと、乗り心地と走行性能を両立させたダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションを搭載し、その先進性などが時代のニーズにマッチして、大注目されるモデルになります。

 そしてプレリュードの人気を不動にしたのが、1987年に登場した3代目モデルです。サスペンションは前後ともにダブルウィッシュボーン化され、マイナーチェンジではステアリングを切ったときに前輪と後輪が逆の方向に動く「機械式4WS」を量産車として世界初採用しました。

 また、当時のF1で絶対的な存在だった「HONDA」のブランドイメージもあって、当時は「シルビア派vsプレリュード派」が対立するほどでした。しかしその後、トレンドがミニバンへ移っていくことで、スペシャリティカーの代表格であるプレリュードは役目を終えていくことになります。

■当時は「デートカー」いまや「ドリフト車」のクルマといえば

●日産「シルビア(S13型)」

 1989年から1991年にあった好景気、いわゆるバブル景気の時代は、良いクルマが男のステイタスでした。当時は「デートに誘う=クルマで迎えに行く」が定番で、どんなクルマに乗っているかが男としての価値に直結した時代。デートにふさわしいオシャレなクルマ、いわゆるスペシャリティカーの全盛期でした。

 そんな時代の影響を受けて登場したのが、5代目の日産「シルビア(S13型)」です。2ドアクーペで近未来的なデザイン、低い全高などのスペシャリティカーに求められる要素を盛り込みつつ、走行性能にも優れるFR駆動を採用。

 新開発のリアマルチリンクサスペンションを搭載するなど、走る楽しさをも併せ持ったスポーツカーとして人気を集めました。

 この5代目シルビアは型式名で「S13」と呼ばれており、全長4470×全幅1690×全高1330mmのコンパクトなボディを持っています。とくにターボエンジンを搭載した「K’s」グレードのMTモデルは、今でもドリフト愛好家などから好まれています。

 走りの性能が高いシルビアですが、当時の日産はスポーツカーではなく「デートカー」としての側面をウリにしていたため、走行性能がやや低い自然吸気エンジン搭載グレードが1番の売れ筋でした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • id1*****|2019/09/21 15:01

    違反報告

    初代ソアラのフラッグシップはDOHC 2.8リッター(2.8GT)
    3.0リッターモデルはなかった。
    2.0リッターモデルは全てDOHCではなかった。(VX,VR,V1,V2)
    2代目とごっちゃになってますな。
    もう少し調べて記事を書いたらどうでしょうか?
  • sa_*****|2019/09/21 15:48

    違反報告

    4WSのプレリュードを、学生時代に就職内定と同時に契約し
    数年間乗りました、フロント周りはスーパーカーのように
    リトラクタブルライトで薄く、車高の低いデザインのいい車でした。
  • oma*****|2019/09/21 15:09

    違反報告

    この三代に付け加えるならスーパーホワイトのマーク2三兄弟かな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します