現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > こんなEVなら乗ってもe(イー)!? ホンダ e登場!

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.13

こんなEVなら乗ってもe(イー)!? ホンダ e登場!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年9月10日、ドイツ・フランクフルトで開催中の2019年フランクフルトモーターショーで、ホンダの電気自動車「Honda e」の量産モデルがお披露目された。

Honda eは2ドアのコンパクトハッチバックEVで、駆動方式は後輪駆動。満充電での航続可能距離は200km以上をうたう(WLTPモードの場合)。なお、航続距離については、“都市型コミューター”のコンセプトにもとづき、200km前後にあえて割り切ったという。

    屋根のない贅沢さとは? ベントレー コンチネンタル GT コンバーチブル試乗記

Honda e and Energy Management Imagesボディ形状は5ドアハッチバックのみ。Honda e and Energy Management Images給電口はフロントにある。エクステリアは、つなぎ目を極力すくなくした滑らかなデザインや、初代シビックを彷彿とさせる丸目のヘッドライトが目を引く。また、ホンダ初の「ポップアウトドアハンドル」(未使用時、ドアハンドルが格納される)や、ドアミラーのかわりに小型デジタルカメラを搭載した「サイドカメラミラーシステム」を採用した。

インテリアでは、初代シビックを彷彿とさせる木目調パネルに注目だ。また、ふたつのインフォテインメントシステム用液晶パネルが横にならぶデザインもユニークである。さらに、対話型インフォテインメントシステム「Honda Personal Assistant」も搭載する。

Honda e and Frankfurt International Motor Show 2019ダッシュボード上には、ふたつのインフォテインメントシステム用液晶パネルが横に並ぶ。Honda e and Energy Management Imagesシートベルトカラーはブラウン。Honda e and Frankfurt International Motor Show 2019リアシートはふたり掛け。センターアームレストなどは備わらないシンプルなつくりだ。Honda e and Frankfurt International Motor Show 2019リアシートのバックレストは可倒式。分割タイプではない。Honda eはドイツ、イギリス、フランス、ノルウェーですでに先行予約を開始しており、2020年初夏よりデリバリーが始まるという。欧州での価格は約350万円。日本への導入については2020年を予定しているとのこと。ただし、詳細なスペックや仕様は未定だ。

文・稲垣邦康(GQ)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 稲垣邦康(GQ))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します