現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ルノー トゥインゴがマイナーチェンジ

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.22

ルノー トゥインゴがマイナーチェンジ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルノー・ジャポンは2019年8月22日、マイナーチェンジした新型「トゥインゴ」を発売した。「トゥインゴ」は最小回転半径4.3mという圧倒的な小回り性能、きびきびとした走りが特徴のAセグメントカーだが、マイナーチェンジンを受け、パリの街角に調和する、より洗練されたデザインへと生まれ変わっている。

車両概要

    プジョー 308/308 SWに特別仕様車「308 TECH PACK EDITION」登場

マイナーチェンジされたトゥインゴは、ルノー・ブランドを象徴するCシェイプのLEDランプ(フロント/リヤ)、 Cシェイプウィンカー(フロント)、新デザインとなったフロント/リヤバンパー、新デザインのアロイホイールが採用された。

バンパー形状の変更により、全長3645mm、全幅1650mm、全高1545mmとボディサイズは変更されている。この他に、左リヤフェンダーには、新たに吸気用のエアインテークが設けられた。

新たに搭載されるマルチメディア「EASY LINK(イージーリンク)」は、スマートフォンのミラーリング機能により、7インチ・タッチスクリーンでスマートフォン内の各種機能にアクセスできる。また、SiriやGoogleアシスタントを利用した音声での操作も可能になっている。

センターコンソールには、2個のUSBポートとAUX入力に加え、ECOモードスイッチ、ストップ&スタート機能OFFスイッチもまとめられ、使い勝手が向上している。

安全装備では、フロント・カメラを新装備し、車線逸脱警報(LDW)機能を備えている。またタイヤ空気圧警報が新たに装備された。

パリの街が似合うトゥインゴ

トゥインゴは、細い路地や石畳の路面、急な坂道などパリの街をきびきびと走るために、リヤエンジン/リヤドライブ(RR)レイアウトを採用したAセグメントの超コンパクトカーで、RR駆動としたことでフロントのタイヤの切れ角を増大させ、最小回転半径4.3mという軽自動車をも上回る高い小回り性を実現している。

リヤに搭載されるエンジンは最高出力92ps/5500rpm、最大トルク135Nm/2500rpmを発生する0.9Lのターボエンジンで、組み合わされるトランスミッションは、6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)を採用している。

【価格】

  • トゥインゴ EDC:195万円(8%税込み)
ルノー トゥインゴ 関連記事
ルノー 関連記事

ルノー・ジャポン 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します