現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【昭和の名車 36】三菱 ミニカ スキッパー GT(昭和46年:1971年)

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.22

【昭和の名車 36】三菱 ミニカ スキッパー GT(昭和46年:1971年)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和は遠くなりにけり…だが、昭和生まれの国産スポーティカーは、日本だけでなく世界的にもブームとなっている。そんな昭和の名車たちを時系列で紹介していこう。ここでは1971年発売の三菱 ミニカ スキッパー GTを解説。

GTO旋風が生んだ、こしゃくなクーペ
三菱 ミニカ スキッパー GT:昭和46年(1971年)5月発売
1970年代はスペシャリティ軽自動車の時代だった。ホンダZが先陣を切って発売され、それを追うように各メーカーから個性的なクーペモデルが送り出されている。

    運転免許証番号、12桁の意味。最後の一桁であれがわかっちゃう!

三菱はミニカ70をベースにした、キュートなファストバック・クーペを市場に送り込んだ。これがミニカ・スキッパーである。

全体のシルエットは、ヒット作となったギャランGTOと似たものだ。ファストバック&カットオフテールを採用し、リアエンドを大胆に切り落としている。

しかも後方視界を確保するため、ガラスハッチとリアコンビネーションランプの間にスモークドウインドーを組み込んだ。これがリアビューのアクセントになっている。

また、フォグライト内蔵のデュアルヘッドライトやリアクオーターピラーのベンチレーションルーパーなど、すべてがギャランGTOのスケールダウン版だった。

個性化時代に合わせて、スキッパーには3種類のオプショナルパーツ・シリーズが用意されていた。“ホットヒップ・バージョン”はスポーツバイザーやエアスポイラー、シースルールーバーなどが、“スポーツ・バージョン”にはボンネットメーターやノーズフィン、ヒール&トゥ ペダルが、“メークアップ・バージョン”にはオーバーヘッドコンソールやボンネットスクリーン、スキッパーシャツ!!などが用意されていた。

トップグレードのGTは、砲弾型ミラーやセンタールーフアンテナなどを装備する。インテリアも木目調パネルに3眼メーターを配すなど、スポーティかつラグジュアリーなムードだ。

エンジンは、ミニカ70 GSS譲りの2ストローク水冷2気筒の2G10型を積む。10.0の高圧縮比とミクニソレックス製SUタイプ キャブを2連装して、最高出力は38ps/7000rpm、最大トルクは3.9kgm/6500rpmを発生するが、これは359ccの量産エンジンとしては驚異的なスペックだ。GTO旋風が生んだ、こしゃくなクーペが、ミニカ・スキッパーである。

昭和の名車のバックナンバー

ミニカ スキッパー GT 主要諸元
●全長×全幅×全高:2995×1295×1275mm
●ホイールベース:2000mm
●重量:470kg
●エンジン型式・種類:2G10型・直2 2ストローク
●排気量:359cc
●最高出力:38ps/7000rpm
●最大トルク:3.9kgm/6500rpm
●トランスミッション:4速MT
●タイヤサイズ:145SR10
●価格:44万円

[ アルバム : ミニカ スキッパー GT はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します