現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、東京2020オリンピック・パラリンピック用のモビリティを開発

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.19

トヨタ、東京2020オリンピック・パラリンピック用のモビリティを開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をサポートする専用モビリティ「APM(Accessible People Mover)」を開発した。

 この車両は、広大な会場敷地内での来場者・関係者輸送に適した短距離・低速型の電気自動車。大会関係者はもちろんのこと、高齢者、身体の不自由な方など多様な利用者を想定した設計がなされている。室内は3列シートの計6名が定員となり、2列目を折り畳むことで車いすの乗車も可能。車いす用のスロープ、固定用ベルトを備え、両サイドからの乗降もできる。

    【Believe ニュース】最新の福祉車両や福祉にまつわるホットな情報をお届け!

 また、「救護仕様」も合わせて設定され、こちらにはストレッチャーを積載可能。救護スタッフ2名の座席も確保されている。

 ボディサイズは全長約3.9m、全幅約1.6m、全高約2.0mとコンパクトで、航続距離は100km。最高速度は19km/h。

トヨタ、東京2020オリンピック・パラリンピック用のモビリティを開発はBelieve - ビリーヴ ジャパンで公開された投稿です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Believe Japan )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します