現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 米・コロラド州のPIHCレースでベントレー「コンチネンタルGT」が従来より8.4秒短縮した新記録を樹立

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.11

米・コロラド州のPIHCレースでベントレー「コンチネンタルGT」が従来より8.4秒短縮した新記録を樹立

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国・コロラド州で開催されたパイクス・ピーク・インターナショナル・ヒル・クライム(PPIHC)レースで、ベントレー・コンチネンタルGTが市販車部門の新記録を樹立した。

これにより、現在までに生産された中で最も優れたグランド・ツアラーとしての地位を確立。過去に3回の優勝を経験し、「キング・オブ・ザ・マウンテン」と称されたリース・ミレン(NZ)の駆るコンチネンタルGTは、全長12.42マイル(約20キロメートル)のコースを平均時速70マイル(112.7キロメートル)で駆け上がり、従来の記録を8.4秒短縮する10分18秒488でフィニッシュした。

    最高速度306km/h、0-100km/hの加速は3.9秒!史上最高パワーを誇るベントレーのスポーツSUV「Bentayga Speed」

優れたドライビング・スキルを誇るミレンは、世界最高峰の12気筒エンジンを轟かせて標高差約5,000フィート(1,524メートル)、合計156のコーナーを持つ山岳路を駆け上り、待望の新記録を樹立した。

標高9,300フィート(2,835メートル)に位置するスタートラインから14,100フィート(4,298メートル)まで上昇すると、空気の密度は海水面の3分の1になる。
ベントレーのモータースポーツ担当ディレクター、ブライアン・ガッシュ氏は次のように述べている。

「今回の新記録樹立によって、ベントレーには車の性能の限界を超えようとする努力と、それを希求するスピリットが脈打っていることを証明しました。この記録は、コンチネンタルGTが驚くほど幅広い能力を有していることを示しています。」

新記録を樹立した後、ミレン氏は次のようにコメント。

「ウェットで雪交じりの2019年のパイクス・ピークでのレースは、素晴らしいフィニッシュを迎えました。私たちはただ一つの目標を胸にここに来ました。それは新記録を樹立することであり、最速の市販車として頂上へ駆け上がることでした。今週は素晴らしい週末を迎えることができました。今日のコンディションは大自然が私たちに投げかけた挑戦でしたが、コンチネンタルGTは力強く頂上まで走り続け、ついにナンバー・ワンになれました。」

わずか1年前、ベントレー・ベンテイガがこのパイクス・ピークのコースで市販SUVとしての新記録を更新し、その優れた性能を証明。この世界最高峰のSUVのステアリングは昨年も同じくミレンが握り、従来の記録を2分近く短縮する10分49秒9で完走した。

関連情報:https://www.bentleymotors.jp/

構成/DIME編集部

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(@DIME )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します