現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初代がスゴすぎ!? 2代目がパッとしなかった車5選

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.6

初代がスゴすぎ!? 2代目がパッとしなかった車5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クルマは数年に1度フルモデルチェンジをおこなうのが通例です。かつては約4年周期で、近年は6年から8年周期が多いといわれています。

 フルモデルチェンジをおこなうということは、先代を超えるヒット作になることが必須です。

    時代を先取ったがために残念な結果に!? 出るのが早すぎたクルマ5選

 しかし、必ずしも成功しない場合もあるので、新型車開発の難しさがうかがえます。

 そこで、偉大な初代の影で二代目が残念な結果になったモデル5車種をピックアップして紹介します。

●三菱「デボネア」

 三菱「デボネア」というと「走るシーラカンス」と呼ばれていたことを思い出す人が多いはずです。初代デボネアは1964年に発売され、1986年まで22年間も大きくデザインを変えることなく販売された、ロングセラーモデルでした。

 当時のアメリカ車をオマージュしたようなデザインは完全にクラシックカーのようで、生産中止後に人気が出るという現象が起きました。

 そして1986年、デボネアはついに2代目へフルモデルチェンジします。当然、デザインもメカニズムも近代化しますが、初代のようなオーラはありませんでした。それもあって、初代が再評価されたのかもしれません。

 バブル景気もあり、セールス的には初代よりは良かったものの、それでもライバルのトヨタ「クラウン」や、日産「セドリック/グロリア」に比べると、わずかな販売台数でした。

 その後3代目が出ますが、社用車やハイヤー需要がほとんどで、これをもってデボネアの歴史に幕を閉じます。

●日産「シルビア」

 初代日産「シルビア」は、スポーツカーの「フェアレディ」をベースに美しいボディを架装したスペシャルティカーとして、1965年に発売されました。

 当時の価格はセドリックを超える120万円と、若者には無縁の高嶺の花というべきモデルでした。そのため、1965年から1968年までの3年間でわずか554台生産と、まさに幻の名車です。

 そこからしばらく空白期間がありましたが、1975年に2代目シルビアとして正式名称「ニュー・シルビア」がデビュー。

 2代目は「サニー」のシャシをベースに量産化に対応した新時代のスペシャルティカーで、外観のデザインも流麗なファストバック・クーペで美しくまとめられていました。

 しかし、ちょうど排気ガス規制が強化された時期に販売されたこともあり、エンジンのスペックは速そうな見た目ほどのパワーもなく、販売は低迷します。

 次の3代目ではターボやDOHCエンジンを搭載するなど、スポーティに味付けされており、若者から高い評価を得ます。

 ちなみに、2代目シルビアにはロータリーエンジンの搭載が予定されていましたが、オイルショックなどがあったことで、計画は白紙となってしまいました。

●日産「セフィーロ」

 初代日産「セフィーロ」は「くうねるあそぶ。」の個性的なキャッチコピーとともに、1988年に登場しました。

「セフィーロコーディネーション」と呼ばれる、エンジン3種とサスペンション3種による9種類の組み合わせから選択でき、車体色と室内色の組み合わせも高い自由度がありました。

 外観ではプロジェクターヘッドランプを持つ特徴的なフロントマスクと、ロングノーズのスタイリッシュなボディということで、若者からも支持されます。

 また「スカイライン」などと共通のFRシャシだったので、走り好きにも受け入れられていました。

 1994年にフルモデルチェンジをおこない、シャシが一新されFFとなります。ボディも拡大され室内は格段に広くなり、新世代のV6エンジンを搭載するなど、意欲的なモデルとしてセールスは好調に推移。

 しかし、先代のFR駆動を好むユーザーが多く、またデザインもあまり個性的とはいえず、初代ほどの足跡は残せませんでした。

すべてが完璧だった初代「パンダ」●フィアット「パンダ」

 1980年に発売された初代フィアット「パンダ」は、巨匠ジウジアーロ率いるイタルデザインによる優れたデザインのコンパクトカーです。

 無駄を排除した内外装は安価に作られていますが、決して安っぽいものでなく、しっかりとデザインされた美しさも感じられます。

 外装の細かな変更や、4WDやCVTがラインナップに加わるなどしましたが、基本的な部分は変わることなく1999年まで生産されました。

 そして、2003年に2代目パンダが発売されますが、ボディはSUVのようなイメージで、初代の面影はありませんでした。

 元々、パンダという名前で出る予定ではなかったといわれていますが、結局コンパクトな車体ということでパンダが採用されたようです。

 欧州ではカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、高く評価されましたが、やはり初代の秀逸なデザインとパッケージングからは見劣りしてしまいます。

●ホンダ「Z」

 1970年発売の360cc軽自動車、初代ホンダ「Z」は「水中メガネ」の愛称で親しまれました。

 Zは軽自動車ながらクーペスタイルを持つスポーツタイプで、スズキ「フロンテクーペ」やダイハツ「フェローMAX」とともに、軽のスポーティカー市場をけん引した1台です。

 初期は「N360」をベースとした空冷エンジンを搭載していましたが、後に「ライフ」ベースの水冷エンジンに変わり、早くから5MTやディスクブレーキを採用するなど、凝ったメカニズムでした。

 1998年に登場した2代目Zは初代とはまったく異なり、SUVタイプのモデルで、エンジンが縦置きのミッドシップレイアウトのリアルタイム4WDでした。

 15インチの大径タイヤと高い車高から、軽自動車らしからぬ見た目でしたが、高価かつ、3ドアのみの構成で使い勝手が良くなかったことで販売は低迷。2002年は生産を終了してしまいます。

 ライバルの三菱「パジェロミニ」やスズキ「ジムニー」のほうが正統派4WDのメカニズムと見た目だったため、独創的な部分が裏目に出てしまったクルマでした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します