現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ランクル XV CX-8】 日本のSUVは世界と渡り合えるのか!? ガチンコ3番勝負

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.29

【ランクル XV CX-8】 日本のSUVは世界と渡り合えるのか!? ガチンコ3番勝負

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クルマを買うときに悩むのが、「輸入車がいいのか? 国産車がいいのか?」という問題。

 一昔前なら「輸入車はすぐ壊れる」なんていうのが常識だったが、今では逆に「え? そんな時代があったの?」と返されるのが関の山だろう。隔世の感がある。

    本家オペルの100万円安!? 隠れた傑作 トラヴィックの軌跡 【偉大な生産終了車】

 国産より一回り大きなお金を出してでも、輸入車を買うメリットはあるのか。ランクルプラド、XV、CX-8。日本の誇るSUV3台を駆り出し、BMW、VW、ランドローバーに勝負を挑んだ。

 判定人は自動車ジャーナリストであり、またプロドライバーでもある国沢光宏氏、国産SUVと輸入車、どちらが「買い」の一台なのか総合的に判断してもらった。

※本稿は2019年5月のものです
文:国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月26日号

■マツダ CX-8 vs BMW X3

●マツダ CX-8(価格:289万4000~446万400円)

VS

●BMW X3(価格:657万~878万円)

 CX-8の面白さは3列目シートを持っているという点にある。

 輸入車の場合、SUVの3列目シートが欲しければVC90級を選ばないとならない。しかもXC90の3列目シートの居住性、CX-8に届いておらず。

 日本車にもCR-VやレクサスRX、ランクルプラドといった3列目シート付きSUVもあるけれど、すべて小柄な人のためのもの。身長183cmの私だと「狭いところに閉じ込められる」というゴーモンの如し。CX-8なら私でも数時間くらいのドライブが可能です。

 CX-8と同じ車格のSUVとなると、輸入車ならBMW X3あたりがライバル。走行性能でいえば、けっこういい勝負となる。エンジン出力でイーブン。車重も同等のため、動力性能もイーブンだ。

 強いていえばディーゼルエンジン勝負ならCX-8優位。ガソリンエンジンだとX3優位といったイメージ。自動ブレーキはややX3が勝っている。

 クルマとしての魅力を比べると、3列目シートの有無、4WD性能など総合的に評価。この勝負はCX-8に軍配を上げておく。

■判定:CX-8の勝ち…4WD性能など総合的評価でCX-8が勝る!

■スバル XV vs VW ゴルフオールトラック

●スバル XV(価格:213万8400~282万9600円)

VS

●VW ゴルフオールトラック(価格:369万9000万円)

 XVの面白さは乗用車であるインプレッサのボディをそのまんま使いながら、本格的なSUVと同等の走破性能を持つ点。

 なんせ最低地上高200mmを確保しているのだった。これはSUVの平均値を軽く凌ぎ、クロカン4WDに迫るほど。XVで雪道や悪路を走ると、SUVに勝るとも劣らないタフさがあって楽しい!

 一方、ゴルフのボディをリフトアップしたオールトラックの最低地上高は165mmしかない。こらもう普通のFF乗用車と同等で、少しばかり物足りず。

 165mmだと林道を走ればお腹を擦ることも多くなるし、雪道のワダチだって厳しい。もっといえば、輸入車でキッチリと最低地上高を確保している車種って少なかったりする。この点だけ考えてもXVは素晴らしいと思う。

 さらにXVなら歩行者対応エアバッグを標準装備していたり、歩行者も認識して自動ブレーキかけるアイサイト付きだったりするなどアドバンテージ多い。

 純粋にクルマの総合性能を比較したら世界基準で考えたって、XVの圧倒的な勝利だと思います。

■判定:XVの勝ち…「ホンモノのSUV」と太鼓判を押せるXVの圧勝!

■トヨタ ランクルプラド vs ランドローバー ディスカバリー

●トヨタ ランクルプラド(価格:353万8080~536万3280円)

VS

●ランドローバー ディスカバリー(価格:850万9000~993万3000円)

両車とも悪路バッチコイなヘビーデューティー仕様

 ふた昔前のディスカバリーはレンジローバーのシャシーをそのまま使う、ヘビーデューティーなクロカン4WDだった。

 ランクルプラドと悪路の走り比べをしたって負けておらず。新型ディスカバリーになりずいぶん洗練されました。あまりにオシャレなデザインなので極悪路は苦手じゃないかと思っちゃうほど。

 しかし! やはりヘビーデューティーだ。なんせ水深600mmまで走れるとカタログに明記されており、最低地上高だって最大で251mmと強烈な数字!

 どっこいランクルプラドだって負けてない。最低地上高こそ220mmに留まるが、丈夫なラダーフレーム構造のためお腹をどっかんどっかん打っても大丈夫。

 そして渡河性能は水深700mm! ディーゼルエンジンや乗り心地はディスカバリーのほうが乗用車的ながら、クロカン4WDにドップリはまりたいならランクルプラドだと思う。

 世界的に見てランクルプラドの支持者は多く販売台数だって勝ってます。リセールバリューまで含めて考えたってランクルプラドでしょう。

■判定:ランクルプラドの勝ち…プラドが打ち負かした。世界のファンも多いゾ!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kaz*****|2019/06/29 13:48

    違反報告

    値段が違いすぎて比較にならんのでは?
  • aug*****|2019/06/29 13:47

    違反報告

    前から思ってたんですが、
    この人いつも自動ブレーキと表記しますよね。
    こういう表現が誤解を招く原因です。
    衝突被害軽減ブレーキでしょう。
    責任をもって発信してください‼️
  • tak*****|2019/06/29 13:55

    違反報告

    国産SUV、その中でもとりわけランクルの一番の良さはその性能でも、その大きさでもない。

    リセールが恐ろしく高値安定、そこに尽きる。

    一方の輸入車のSUVは確かに輸入車の中ではリセールが残る方かもしれないが、それでも3年で5割を切ってくる可能性が高い。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します