現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ル・マン24時間、残り1時間でのまさかの逆転劇。8号車トヨタが連覇。7号車はタイヤトラブルで2位に終わる【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.17

ル・マン24時間、残り1時間でのまさかの逆転劇。8号車トヨタが連覇。7号車はタイヤトラブルで2位に終わる【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年6月15-16日、WEC世界耐久選手権2018-2019シーズン最終戦ル・マン24時間耐久レース決勝が行われ、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ組の8号車トヨタTS050ハイブリッドが優勝した。8号車はスーパーシーズンに行われた2度のル・マン24時間を連覇、3人はドライバーズタイトルも手に入れた。マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組の7号車トヨタTS050ハイブリッドは残り1時間までトップを快走しながらトラブルのため後退し2位に終わった。

ル・マン24時間は華やかだが厳しく残酷なレース
トヨタのチームメイト同士の戦いとなった決勝は、序盤7号車トヨタTS050ハイブリッドがリードを広げたが、次第に追う8号車トヨタTS050ハイブリッドとの差が縮まり、ピットストップやセーフティカーのタイミングで順位を入れ替わる接戦となっていく。

    まるでニュル! トヨタが3000億円投入する新テストコースをスープラで走った

レースが終盤に差し掛かると、再び7号車がリードを広げ、残り1時間の時点でその差は約2分に広がっていた。

明らかに7号車のほうが速く、「さすがにこれでは逆転は難しい」と思われ始めた矢先、波乱が起きる。367周目、2位の8号車に2分以上の大差をつけて首位を独走していた7号車のロペスがタイヤのパンクを感知し、緊急ピットイン。タイヤを交換したものの、コースへ復帰するとすぐにスローダウン。再度ピットへ戻らざるを得なくなり、追い上げていた中嶋がドライブする8号車の逆転を許すこととなってしまった。

パンクによるタイヤ交換はしかたのないことだが、2回目のピットインは想定外だった。ル・マンは最後の最後まで何が起こるかわからないということをチームはよくわかっているし、最後まで一瞬たりとも気を緩めることなく戦い続けていたはずだが、それでもアクシデントは起きた。

これにより順位が入れ替わった8号車と7号車はそのままゴールに向かい、中嶋一貴が駆る8号車がトップでチェッカーを受け、2年連続で8号車-7号車のワン・ツーフィニッシュとなった。

タイトル争いでリードしドライバーズチャンピオンが目の前にあった8号車と、昨年2位に終わりなんとしても今回は優勝が欲しかった7号車では、レースへの向き合い方が微妙に違っていたのだろうか。ル・マンは本当に厳しい。

優勝した8号車の中嶋一貴は「とても厳しいレースで、7号車に起きたことはとても信じられません。我々は2016年のル・マンでよく似た状況に遭遇しただけに、チームメイトの彼らがどんな気持ちなのかよくわかります。我々がル・マンで勝利を上げられたこと、そして世界チャンピオンになれたのは、チームメイトである7号車と互いにしのぎを削ってきたおかげですし、彼らとスーパーシーズンの長きにわたって切磋琢磨して来たことを本当に誇りに思います」と語る。

セバスチャン・ブエミは「我々にとっては、世界チャンピオンがかかっているという意味で重要なレースでした。レースのスタート時は7号車について行こうと思っていましたが、わずか5周したところでそれは無理だとわかりました。我々は諦めずに力強く戦い続けましたが、最後まで7号車の方が速かったことは誰の目にも明らかでした。我々は2位でフィニッシュしても満足できたと思いますが、7号車に起こってしまったことは本当に残酷です。彼らは本当に素晴らしいレースをしました」
という。

また、 フェルナンド・アロンソは「2度目のル・マンで勝利を上げられて最高の気分ですが、この勝利は予測していませんでした。彼らは勝利にふさわしかったですが、勝利の女神は我々を選びました。我々の目標は世界チャンピオン獲得であり、それを達成できたことを本当に誇りに思います」と語っている。

WEC世界耐久選手権の長い2018-2019シーズンもこの最終戦ル・マン24時間で終了。すでにマニュファクチャーズタイトルはトヨタに決定していたが、ドライバーズチャンピオンにはセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、フェルナンド・アロンソが輝いた。

ル・マン24時間のLM-GTE Proクラスは6メーカーによる激戦をフェラーリが制した。なお、年間チャンピオンはマニュファクチャラー/ドライバーともポルシェが獲得している。

WEC世界耐久選手権2019-2020シーズンは、2019年9月1日の第1戦シルバーストン4時間で開幕、第2戦富士6時間(2019年10月6日)など世界を転戦し、2020年6月13-14日の第8戦ル・マン24時間で最終決着を迎える。

2018/2019年WEC第8戦ル・マン24時間 決勝結果
総合
1位 8 トヨタTS050ハイブリッド(ブエミ/中嶋/アロンソ)385周
2位 7 トヨタTS050ハイブリッド(コンウェイ/小林/ロペス) +16.972s
3位 11 BRエンジニアリングBR1・AER(ペトロフ/アレシン/バンドーン)+6周
4位 1 レベリオンR13・ギブソン N.ジャニ(ジャニ/ロッテラー/セナ)+9周
5位 3 レベリオンR13・ギブソン(ローラン/ベルトン/メネゼス)+15周

LM-GTE Proクラス
1位 51 フェラーリ488 GTE(グイディ/カラド/セラ)342周
2位 91 ポルシェ911 RSR(リエッツ/ブルーニ/マコーウイック)342周
3位 93 ポルシェ911 RSR(ピレ/バンバータンディ)342周
4位 68 フォードGT(ハンド/ミューラー/ブルデー)342周
5位 67 フォードGT(プリオール/ティンクネル/ボマリート)342周

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します