現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大きいのになぜ? トヨタ アルファードなどが「ミニバン」と呼ばれる理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.27
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■「ミニバン」のルーツはなんとアメリカ発祥だった

 SUVブームが続く昨今の日本ですが、室内が高く多人数が快適に移動できる「ミニバン(mini van)」も根強い人気があります。実は、ミニバンには明確な定義が存在していませんが、日本では主に3列シートを備えたワンボックスタイプのクルマがミニバンと呼ばれています。

    レクサス初の超高級ミニバン 新型「LM」を中国で発表、日本発売の可能性は?

 トヨタの車種でいえば、全長4260mmの「シエンタ」や、全長4945mmの「アルファード」もミニバン。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン