現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ KATANA(カタナ)、19年ぶりに日本市場復活へ!

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.24

スズキ KATANA(カタナ)、19年ぶりに日本市場復活へ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年5月24日、スズキは大型2輪車「KATANA(カタナ)」の日本仕様を発表した。ちなみに、欧州などの海外市場では2019年春より販売開始されている。

新型KATANAは、「Forging a New Street Legend(新たなるストリートバイクの伝説を鍛造する)」をコンセプトに掲げ、開発されたという。

    ヤマハRZ250は“ナナハンに勝てる250cc!”だった

エクステリアは、燃料タンクから車体先端まで、シャープで流れるようなラインが特徴だ。また、初代モデル「GSX1100S KATANA」をイメージした角型LEDヘッドランプや、ターンシグナル付きスイングアームマウントリアフェンダー(スズキ初)などを備える。ボディカラーは「ミスティックシルバーメタリック」、「グラススパークルブラック」の2色を用意。

搭載するエンジンは既存の「GSX-R1000」のエンジンがベースだ。排気量998cm3の水冷4気筒4ストロークDOHCエンジンは最高出力148ps/10000rpm、最大トルク107Nm/9500rpmを発揮する。

高出力・高トルクエンジンに対応すべくフロントブレーキには、強力な制動力を発揮するブレンボ製ラジアルマウントモノブロックキャリパーを採用。また、3つの制御モードから選べる「トラクションコントロールシステム」を搭載し、エンジン出力を効率よくリアタイヤに伝える。

ほかにも、スタータースイッチを押し続けなくとも、ワンプッシュでスターターモーターが回転し、エンジンを始動する「スズキイージースタートシステム」や、発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギアポジション、スロットル開度、クラッチスイッチの情報を使って、エンジン回転数の落ち込みを制御する「ローRPMアシスト機能」、電子制御式ABSなどを備える。

新型KATANAの価格は151万2000円。2019年5月30日より販売開始される。なお、生産工場はスズキの浜松工場だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 稲垣邦康(GQ))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します