現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 増加する高齢ドライバー 高齢化社会到来で起こりうる問題点とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■高齢化社会という言葉の意味

 最近、高齢ドライバーによる重大事故が目立ちます。こうした状況は今後、「さらに悪化するのではないか」そう思う人が多いのではないでしょうか。

    「知らなかった!」では済まされない! うっかりやりがちな交通違反5選

 日本は、世界屈指の高齢化社会といわれ「将来は高齢者が一気に増え、高齢ドライバーも増える」、という流れを想像しがちですが、これは大きな勘違いです。

「高齢化」という言葉の意味を、勘違いしている人が少なくありません。この「高齢化」とは、65歳以上を高齢者として、その数が全人口に占める割合である高齢化率が高いことを示します。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kon*****|2019/05/24 11:51

    違反報告

    この記事を読む限り、現在声高に言われている「高齢者」対策はおかしいのは明らかだ。
    今取られている免許返納等の、現在の高齢者で無難に運転している者に対する施策は、
    「将来の高齢者」すなわち「現在は高齢者」でない者が起こす可能性がある事故の
    責任を全く関係ない「現在の高齢者」に負わせるものであり到底納得がいかない。
    「現在の高齢者の方方」に言いたい。
    免許は金と時間をかけて苦労して取った権利です。
    この権利は年齢などに関係なく国民が平等に享受出来る憲法が保障する
    権利です。
    返納した後の手当ては、「おなさけ」で何時でも廃止できるのです。
    騙されないようにしましょう。
    事故の絶対件数は「現在の高齢者」以外の者が起こした件数の方が多い。
    こちらを減らす対策を早急に取るべきなのにやらない。
    認知症も若年性認知症に関しては何か対策を取っているのか?
    「強制的な免許返納反対」運動を起こしましょう。


    未だ理由は沢山ありますが、
  • gre*****|2019/05/24 12:00

    違反報告

    高齢者の自賠責を高く 皆ゴールド免許たちが悪い。池袋は ムショに入らないの?
    免許の書き変え❓は1年一度、免許所センターへ 教習所で実地試験 

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン