現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 前3人がけから後ろ向きまで! 実際に存在したクルマの「珍シート」6選

ここから本文です
業界ニュース 2019.4.5

前3人がけから後ろ向きまで! 実際に存在したクルマの「珍シート」6選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フロント横3人がけはトラック以外ほとんど見なくなった

 シートはシート。座り心地やデザインは別として、その形などは変わることはない。と思いきや、その固定概念をぶち破るべく、史上さまざまな試みがされてきた。そのユニークシートを見ていこう。

    人馬不一体御免! 元レーシングドライバーが語る運転を大きく左右する市販車の良いシート悪いシート

 1)ベンチシート

 これはけっこう採用された例は多かった。要はフロントでも横3人がけができるもので、真ん中がつながっているのでベンチシートと呼ばれた。今でもトラックには残っているが、乗用車だとコラムシフトにしたりなどの装備の制限もあるし、3人がけにするには寸法の規定もあるので、ボディが肥大化するなどのデメリットも多く見かけなくなった。

 2)横3人掛け

 とはいえ、果敢に横3人がけにチャレンジしたクルマはある。有名なところはホンダのエデックスとフィアットのムルティプラだ。ただ、これらもかなり苦労したようで、ベンチシートではなく、真ん中に小さなシートが付いているタイプで、結局子供しか乗れず、使い勝手はあまりよくなかった。

 3)後ろ向き

 5代目カペラのグレードであるカペラカーゴワゴンや、ボルボの940やV70にもあったのが、3列目。ワゴンで3列シートというのもビックリだが、なんと後ろ向きに座るもの。緊急用ではあったが、座ると景色が逆に流れていくので、車酔いしやすかった。

 後席にチャイルドシートを備えるクルマも存在

 4)横向き

 三菱のジープやランドローバーのディフェンダーなど、ハードなクロカンにあったのが、横掛けの後席。完全に産業や軍事向けの移動用だが、コンパクトなボディでも6人乗りなどの多人数が可能になった。もちろん乗り心地はよろしくなかった。

 5)運転席が真ん中

 右ハンドル、左ハンドルどっちが運転しやすいなどの議論もよく考えたら、真ん中にあればいいじゃん、と思ったか思わないか。

 マクラーレンF1もそうだが、フランスにあったマトラというメーカーのムレーナやバゲーラは真ん中に運転席があった。しかも助手席は両側で、うまくいけば両手に花でドライブができた。ちなみにその昔、モンスター田島がパイクスピークに参戦していたツインエンジンのエスクードも運転席は真ん中。

 ちなみに真ん中のクルマに少しだけ乗ったことがあるが、運転しやすいように思えて、しにくいです。

 6)ビルトインチャイルドシート

 ボルボが力を入れていたのが、後席の真ん中がチャイルドシートになるというもの。イメージとしては肘かけを出すと、そこがくぼんでいて、座れるというもの。当然、サポート能力は高い。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します