現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エイプリルフール企画が大ごとに⁉️ 42年前、業界が騒然となったヤマハ・ロードボンバー、今だから言える裏話。【モト・ライダー】

ここから本文です
業界ニュース 2019.4.1

エイプリルフール企画が大ごとに⁉️ 42年前、業界が騒然となったヤマハ・ロードボンバー、今だから言える裏話。【モト・ライダー】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今から42年も前のお話である。三栄書房刊モト・ライダーというバイク専門誌があった。1976年10月号創刊、当初の編集部員は全員20代。若いエネルギーに満ち溢れ、とりわけアクティブな新雑誌としてハートの熱い読者にも支えられ人気は順調に推移。そんな中、業界を震撼させる出来事が起きた。それが「ロードボンバー事件」である。事件というと大げさすぎるかもしれないが、その背景はこうだ。モト・ライダー創刊前に発案され、水面下で進行していたカフェレーサーにまつわる編集企画が発端。「造ってしまおうか!」初代、鈴木脩巳編集長の声。やがて企画案は醸成され、1977年4月号で「ヤマハから新型カフェレーサーが登場する!」 というあたかもスクープ記事であるかのように全貌を披露した。「これは4月1日、エイプリルフール」の文字を小さく添えて。

■ヤマハ XT-S 500ロード・ボンバー 

    【試乗レポート】新型カタナ、走って分かった40年の技術の進歩。/スズキ

ロードボンバーに、深く関わった山田 純さんが当時を振り返る

 
 モト・ライダー誌4月1日発行(3月27日発売号)のカラーグラビアを飾った「ロードボンバー」は、私たちの想像をはるかに超える反響と影響を、あちらこちらに与えることになった。
 何しろ、この記事を見た多くの読者から、全国各地のヤマハの販売店に「発売はいつ?」「価格はいくら?」という問い合わせが殺到したからだ。
 
 その話は、当然のごとくヤマハ本社にまで及ぶことになり、大騒ぎになってしまうことになった。
 
 記事中には、小さく「これは4月1日、エイプリルフール」と記されていたのだが、誰もそれを信じてはくれなかった。
 
 誌面を見た誰もが驚くほど「ロードボンバー」は、軽く、コンパクトでスリム、扱いやすそうなビッグ・シングル・ロードスポーツだった。
 
 この「ロードボンバー」というネーミングは、私がつけた。理由は、とてもシンプルだった。500ccビッグシングルの大きく強い爆発感、鼓動感が、走る爆弾(Bomb)をイメージさせたからだ。もちろん私は、この時点で「ロードボンバー」の実車に接していないし、走らせてもいなかった。
 
 しかし私は、シングル、つまり単気筒エンジンを搭載するバイクの豊かなスポーツ性を知っていた。二輪免許を取得して購入した最初のバイクがトライアンフ・タイガーカブ200だったし、2台目がパリラGS(グランスポーツ)175だったからだ。
 
 1970年以前のスポーツ車といえば、ホンダCB72、77 ヤマハYDS2、3といった並列2気筒マシンだった。大きなものでは、トライアンフ・ボンネビル、BSA650など、並列2気筒のそれらに比べ、トラ・カブ200もパリラ175も、はるかに非力だったが、軽くスリムな車体のおかげで、操縦性が良くコーナリングが抜群で十分に速かった。
 
 バイクの醍醐味は、加速性や直線の速さではなく、コーナリングにこそバイクを操縦する楽しさがある。負け惜しみと言われようが、私はそう考えていた。
 同じ単気筒でも排気量が500ccもあるとなれば、楽しいに決まっている。想像するだけで、ワクワクしてくるじゃないですか。
 
 当時ビッグシングルのロードスポーツ車がなかったわけではありません。BSA B34ゴールドスター、ノートンES2などがありましたが、外車は多くの人にとって高嶺の花でしたから、国産メーカーのヤマハが出してくれるとなれば、手が届くかもしれないというわけです。

 この時点で、私はこのビッグシングル・ロードスポーツ「ロードボンバー」の製作者が長島英彦(ペンネームは、島 英彦)さんだとは知りませんでした。
 実は、私と島さんとは、以前から知り合いでした、というよりとてもお世話になっていたのです。

 ええーっ、そんなことあったの? というウラ話は、次回この続きをご覧ください。


■以下、当時の記事を抜粋

 ロードスポーツはマルチ全盛の昨今だが、DT1以来ヤマハ技術陣の頭の中に眠っていた、単能化への欲求が再び形として現われた。
 ロードスポーツ車、特に大排気量車はマルチにかぎる、というセオリーをあえて冒して、ビッグシングル・エンジンを採用したのは、軽く、シンプルな、扱い易いロードスポーツに徹して、ぜい肉を極力はぶいた造りにすれば、スポーツ性を充分発揮できるし、さらにシングルのおもしろさも味わえる、というわけだろう。
 マルチ・エンジンを見馴れた眼には実に新鮮だ。
(モトライダー誌から抜粋・あくまで当時のエイプリルフール記事です)

ロードボンバーとの思い出話を、自らのペンで綴ってくれたJUNさん

帽体にJUNと描かれたヘルメット着用でも親しまれている山田 純さんは1950年生まれの69歳。フリーランスライターの草分け的存在で、バイク雑誌業界の重鎮である。単身渡米しロードレースで活躍。ライディングテクニックと速さには業界No.1の定評がある。モト・ライダー誌三代目の編集長を務めた他、BMWモトルラッドのインストラクターやレース解説者などの経歴の持つ。現在は自らが「バイクで走り回る職業」と言い、年間25,000kmは走る現役ライダーである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部 近田 茂)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2019/04/01 12:36

    違反報告

    この頃、主に関東を中心にオフロード車を改造して単気筒ロードスポーツを造るマニアが結構出始めた。未だ珍しいキャストホイール装着、マフラーを鉄、タンク/シートをFRPで造る例が多かった。言うまでも無くクラシックタイプでは無い今風の単気筒スポーツが無かったからや。
    ロードボンバーはその流れに影響を受けながらも、もっと思想的で軽さとコントロール性の良さで単気筒スポーツを造ったものと思う。
    因みにロードボンバーは8耐に出場、燃費の良さを活かしてピットイン回数を減らす作戦で見事な走りを披露している。
  • sc3*****|2019/04/01 12:45

    違反報告

    かっこいいなぁ
  • ish*****|2019/04/01 12:40

    違反報告

    「モト・ライダー」リアルタイムで読んでました!山田 純さんのインプレッション記事も
    なつかしい気がします。
    でもこの記事は記憶がありません。。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します